乗り物
クルマ
2016/5/24 10:54

おなじマスタングでもこんなに違う! 1965年と2015年の2台を比べてみると……

アメリカはバージニア州、アレクサンドリアにある全米発明家殿堂博物館。このホールに展示されている、ユニークなフォード・マスタングが話題を呼んでいる。

lb160524-01 (1)

展示されたマスタングは1965年製の初代モデルと2015年製の7代目の両モデルを半分ずつ繋ぎ合わせたもの。1965年製は左ハンドル仕様の左半分を、2015年製は右ハンドル仕様の右半分が使われている。

lb160524-01 (2)

展示されることになったのは、フォード・マスタングが初代の誕生から50年という歴史を迎える中で、自動車の技術革新を象徴するクルマとして選ばれたから。そんなマスタングが歩んだ50年はクルマ本来の安全/快適装備だけでなく、クルマに関する文化や知的財産、各種特許も大きく変化した50年といえる。

この展示物は、実際にドライバーズシートに座ることができ、両モデルを見比べることができるという。渡米する機会がある方は、ぜひ訪れてみてはいかがだろう。

 

フォトギャラリーはコチラ

 

【関連記事】

【トピックス】おなじマスタングでもこんなに違う! 1965年と2015年の2台を比べてみると……

【動画】妻の誘惑に夫は……? フィアット124スパイダーの新キャンペーンムービーが公開

【トピックス】ポルシェより速い! シボレー・カマロZL1の10速ATにGMが自信満々

TAG
SHARE ON