乗り物
自転車
2019/3/17 19:00

春。サイクリングの必需品、人気の「サドルバッグ」5選

身軽にサイクリングを楽しみたいときの必需品であるサドルバッグ。サドルバッグは着替えや食料、いざというときのための修理キットといったアイテムを入れてサドルに装着できるアイテムです。リュックのように身体に負担をかけることなく荷物を持ち運ぶことができるので、サイクリングをする人たちの間で人気です。小さい見た目とは裏腹にたくさんの荷物が入るものや、防水加工が施されているもの、 耐久性に優れているものなど種類もさまざま。そこで今回は、サイクリングの必需品であるサドルバッグ5選を紹介します。
目次

 


3サイズ展開で好みのサイズを選べるサドルバッグ


BV(ビーブイ) サドルバッグ

 


 

S/M/Lの3サイズ展開で、M/Lサイズは拡張機能付き。コンパクトなのに見かけ以上の収納力なうえ、水に強く耐久性のある素材で汚れにも強く、天候が悪くなった場合でも安心です。反射テープとテールライトハンガー付き、夜もより安心に走行できます。ユーザーからは「実物はしっかりした作りでかっこいい」、「思った以上の収納力で、荷物を積むことが出来ないクロスバイクには必需品」といった声も。取り付け簡単なストラップ式で工具要らずなのもうれしいポイント。

【詳細情報】
サイズ:(S)15×9×8cm(M)17×10×10cm(L)21×11×11cm
重量:(S)100g(M)120g(L)160g

 


高級感があり耐久性の高いサドルバッグ


ZERO Rabbit(ゼロラビット) サドルバッグ

 

 

自転車のサドル下に装着する、ツールなどを入れられるサドルバッグです。1200デニールの型崩れしにくい素材で自転車ライフを強力にサポート。エクスパンド機能を搭載しており、通常時はコンパクトに、容量が足りない時にはファスナーを開ければ容量のアップが可能です。撥水コートを施してあり、急な天候の変化にも対応でき、雨天時の走行をサポートします。ストラップ式のサドルバッグで、さまざまな自転車に取り付けができるのもうれしいポイント。今までツールや補給食をリュックに背負っていた人も、サドルバッグに変えることで身軽でサイクリング、ツーリングに出かけられます。

【詳細情報】
サイズ:17×10×12cm

 


ボトルバッグ付きがうれしいサドルバッグ


ROCKBROS(ロックブロ)サドルバッグ(ブラック&グリーン)

 

 

サイクリング中の水分補給のために必要不可欠なのがボトルバッグ。このサドルバッグには、ボトルバッグが付いているので、ボトルの置き場に悩む必要はありません。マウンテンバイク、クロスバイク、ロードバイクなど、さまざまなタイプの自転車に適応。一見小さく見えますが、日常な物や自転車修理キットなど物がたっぷり収納できます。また、安全のための反射テープ付きでテールライトフックもあり、夜間の走行も安心です。ユーザーからは、「外面だけでなく内ポケットも充実していて使いやすい」と機能性を評価する声が多数ある一方で「作りがしっかりしているせいか、ボトルが出し入れしづらい」といった声も。

【詳細情報】
サイズ: 24×10.5×9.6cm
重量:約115g

 


スタイリッシュなデザインが人気のサドルバッグ


ROCKBROS(ロックブロス)サドルバッグ 3Dシェル

 

 

立体シェルでスタリッシュな自転車サドルバッグ。耐衝撃性に優れ、高品質素材が身の回り品をしっかりと安全に守ります。防水ジッパー付きと防水ファブリックを採用しているので、多少濡れても大丈夫。外部には3M反射テープがあり、テールフラッシュライトが取り付け可能で、夜間も安心に走行できます。ストラップマウントは工具要らず、誰でも簡単にシートポストに固定可能。バッグの中には3つのポケットが付いており、ミニポンプ、携帯電話、小銭、鍵、修理セットなど小さいものを収納できます。

【詳細情報】
サイズ:約210×95×95mm
重量:163g
カラー:ブラック・レッド


防水仕様のサドルバッグ


DOPPELGANGER ウォータープルーフサドルバッグ Sサイズ

 


 

アタッチメント不要で取り付け簡単、突然の雨や路面やタイヤからの水しぶきから荷物を水濡れから守ってくれる防水仕様のサドルバッグ。生地には防水性の高いターポリン生地を採用、サドルバッグ内の荷物を水濡れから守ります。「くるくる」と巻き、バックルで閉じるだけの”かんたん開閉式”のサドルバッグなので、荷物の出し入れも非常にスムーズに行うことが可能です。カラーリングはどんな車体にも合わせやすいようマットブラックを採用。ロゴ部分にはリフレクト素材を使用しているので、自転車取り付け時の後方からの視認性を高めます。自転車への取り付けは本体に備え付けられた取り付け用バンドをシートレールに通すだけでOK。アタッチメントの取り付けが不要なので、シートレールの幅を気にせず使用できます。

【詳細情報】
サイズ:W100×H40×D170mm
重量:約200g

 

目次に戻る

TAG
SHARE ON