乗り物
2016/6/3 17:34

メルセデス・ベンツSLKがマイナーチェンジで新型に! その名も「SLC」として再デビュー

6月2日、メルセデス・ベンツ日本は新型車「メルセデス・ベンツSLC」を発表した。実質的には「SLK」のマイナーチェンジ版で、最新世代のネーミングルールに従ってメルセデスのロードスターを意味する「SL」と車格を表す「C」を組み合わせた車名へと変更されたモデルだ。

le20160603-02 (1)

エクステリアではバンパーやグリルがデザイン変更されており、リバース操作に連動して後方の映像をCOMANDディスプレイに表示するリアビュー カメラが全モデルに標準装備。すべてのライトにLEDを使用したLEDハイパフォーマンスヘッドライトには、走行状況や天候に応じて最適なモードを自動で 選択するインテリジェントライトシステムも採用されている。

le20160603-02 (2)

インテリアでは、SLC 180系にはブラッシュドアルミニウムインテリアトリム、SLC 200にはカーボンデザインアルミニウムインテリアトリム、メルセデスAMG SLC 43にはブラックアッシュウッドインテリアトリムをそれぞれ採用。また、ライト点灯時にセンターコンソールやドアトリムに浮かび上がるアンビエントライト は、ソーラーレッド、ポーラーブルー、ポーラーホワイトの3色から選べるようになった。

le20160603-02 (3)

パワートレインは、SLC 180系には156ps(115kW)の1.6リッター直4BlueDIRECTターボ、SLC 200には184ps(135kW)の2.0リッター直4BlueDIRECTターボが搭載され、9速ATの“9G-TRONIC”と組み合わせる。 SLC 43は367ps(270kW)の最高出力と520Nmの最大トルクを発生する3.0リッターV6ツインターボで、0-100km/h加速4.7秒のパ フォーマンスを実現した。

 

価格は、SLC 180が530万円、SLC 180 Sportsが590万円、SLC 200 Sportsが685万円、SLC 43が970万円。SLC 43のみ左右ハンドルが選択可能で、他モデルは右ハンドルのみとなる。なお、SLC 43については6月中旬からの納車開始となっている。

 

スペックや価格など、より詳しい情報はこちら

http://www.mercedes-benz.co.jp

 

フォトギャラリーはコチラ

 

【関連記事】

【スクープ】ほぼフルヌードを激写! これが新型メルセデスAMG E63ステーションワゴンだ

フェイスリフトでイメージ一新! 2シーターオープンの雄、メルセデス・ベンツSLが新型にスイッチ

メルセデス・ベンツSLKがマイナーチェンジで新型に! その名も「SLC」として再デビュー