乗り物
クルマ
2016/6/8 19:00

これが最新のフォルクスワーゲン! VWパサートのプラグインハイブリッド「GTE」が上陸

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、6月7日からパサートシリーズに追加設定されたプラグインハイブリッドモデル「GTE」の発売を開始した。GTEのモデルラインナップおよび価格は下記の通り。

パサートGTE(519万9000円)

パサートGTEアドヴァンス(579万9000円)

パサート・ヴァリアントGTE(539万9000円)

パサート・ヴァリアントGTEアドヴァンス(599万9000円)

※購入時は10万8000円のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費の適用を受けられる。

le20160608-02 (1)

パサートGTEは、156ps/250Nm仕様の1.4リッター直4ターボエンジンと116ps/330Nmを発揮する電気モーター(定格出力 55kW)を組み合わせるプラグインハイブリッドモデル。駆動用バッテリーは9.9kWhのリチウムイオン電池が採用されている。トランスミッションはプ ラグインハイブリッドモデル専用に開発された3つのクラッチを内蔵する6速DCTである。

le20160608-02 (2)

走行モードは「EV」「ハイブリッド」「GTE」の3つを設定。電気モーターだけで走行するEVモードは、130km/hの最高速を発揮するほか、51.7kmの航続距離をマークする。ハイブリッドモードでは21.4km/L(JC08モード)という優れた燃費性能を実現。そしてエンジンと電気モーターのパワーを最大限に引き出すGTEモードでは、アクセルレスポンスやシフトタイミング、ステアリングがスポーティな特性に切り替わり、実に刺激的なパフォーマンスを披露する。ちなみにGTEモード時の0-100km/h加速タイムは7.4秒と発表されている。一方で駆動用バッテリーの充電を優先し たい時のため、「バッテリーチャージ」モードも選択可能だ。

le20160608-02 (3)

セダンとヴァリアントの両方にラインナップする上級グレードのGTEアドヴァンスには、デジタルメータークラスターの「アクティブ・インフォ・ ディスプレイ」やヘッドアップディスプレイ、アラウンドビューカメラの「エリア・ビュー」、駐車支援システムの「パーク・アシスト」、ドライビングプロファイル機能、アダプティブシャシーコントロール「DCC」などの安全・先進装備が充実しているほか、235/45R18サイズのモビリティタイヤ、ツイン5スポークデザインのアルミホイールなどを標準装備している。ちなみに、標準グレードのGTEのタイヤサイズは215/55R17で、10スポークデザ インのアルミホイールを組み合わせる。

 

フロントバンパーに組み込まれたC字型のLEDランプや、専用デザインの3スポークマルチファンクションステアリングがGTE独自のディティールとして挙げられるほか、ブレーキキャリパーや内外装の随所にブルーカラーがあしらわれ、フォルクスワーゲンの「eモビリティ・シリーズ」の一員であることがアピールされている。

 

ボディカラーはピュアワイト、タングステンシルバーメタリック、ディープブラックパールエフェクト、ハーバードブルーメタリックの4色に加え、有償オプションでオリックスホワイトマザーオブパールエフェクトを用意する。

 

スペックや価格など、より詳しい情報はこちら

http://www.volkswagen.co.jp

 

フォトギャラリーはコチラ

 

【関連記事】

これが最新のフォルクスワーゲン! VWパサートのプラグインハイブリッド「GTE」が上陸

VWザ・ビートルにカリフォルニアスタイルの限定車「デューン」が登場

【ニューモデル】限定400台! VWがゴルフGTIの40周年を記念した「クラブスポーツ・トラックエディション」を発売