乗り物
2016/6/9 16:03

コンパクトなのに110馬力! 新型ルノー・トゥインゴにスポーティバージョンが登場

ルノーは新型トゥインゴに、スポーティバージョンとなる「トゥインゴGT」を設定し、6月23日から26日にかけて英国で開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで披露すると発表した。

20160609-le01 (1)

スペックなどの詳細はまだ明らかにされていないが、トゥインゴGTに搭載されるパワートレインは、110ps/170Nmを引き出す898ccのターボエンジンとマニュアルトランスミッション。ルノースポールの手掛けたシャシーにより、後輪駆動の都市型コンパクトという新型トゥインゴの特徴に、いっそうの俊敏性をもたらしている。さらにシャープなハンドリングや正確なコーナリング、優れたロードホールディングを実現した。

20160609-le01 (2)

エクステリアはコンセプトカー「Twin’Run」からインスピレーションを得ているのが特徴で、横方向のエアインテークや専用デザインの17インチアルミホイール、ツインエグゾーストテールパイプなどがGT独自のスタイルを演出し、スポーティな走りをかき立てている。ボディカラーは新色のPimentオレンジ(写真)のほか、Lunaireグレー、Profondブラック、Glacierホワイトの4色をラインナップする。

20160609-le01 (3)

 

フォトギャラリーはコチラ

 

【関連記事】

ついにスポーティ仕様が登場! 新型ルノー・トゥインゴに110馬力の「GT」が追加

これでニュル最速の座を奪還? ルノーが275馬力のコンセプトカー「クリオR.S. 16」を発表

【ニューモデル】テーマは「バスク地方の風景」! ルノー・カングーに限定車「ペイサージュ」が登場

TAG
SHARE ON