乗り物
クルマ
2020/3/24 21:00

【今、選ぶべきSUV BEST3】デザイン、操る楽しさ、使い勝手、コスパの4番勝負でどうだ!

ウルトララグジュアリーSUVの世界

視野を世界に広げてみれば、より超絶なモデルがあった!  4モデル合計で約1億1000万円!

世界的なSUVブームのなか、静観していたように見えた高級車メーカーが次々に参入し、新型モデルをリリースし始めました。どのメーカーもブランドアイデンティティを前面に押し出した個性的なクルマばかり。ここではそんなブランドの4台をご紹介!

 

【その1】正真正銘の砂漠のロールスロイス誕生

ロールス・ロイス

カリナン

3920万円〜

 

世界的なSUVブームの中、満を持して登場したのがロールス・ロイスのカリナン。その内装は同ブランドに究極を求めるセレブリティ納得の仕上がりであり、「魔法の絨毯」と例えられる世界一の乗り心地も健在です。

SPEC●全長×全幅×全高:5340×2000×1835mm●車両重量:2750kg〜●パワーユニット:6748ccV型12気筒●最高出力:571PS(420kW)/5000rpm●最大トルク:850Nm/1600〜4250rpm●JC08モード燃費:非公表

 

↑左右対称デザインのインパネ。中央にはブランド初のタッチパネルを採用したモニターを配しています

 

↑後席は3人がけか2人がけを選択可能。シャンパングラスを載せたり、収納できるスペースも用意されます

 

【その2】300km/hオーバーのスーパーSUV

ランボルギーニ

ウルス

2918万円〜

 

スーパーカーブランドの雄、ランボルギーニからリリースされたスーパーSUV。600PSオーバー、300km/h超えの最高速などエンジンも動力性能も、ブランドに恥じることのないスペックが与えられました。

SPEC●全長×全幅×全高:5112×2016×1638mm●車両重量:2200kg●パワーユニット:3996ccV型8気筒ツインターボ●最高出力:650PS(478kW)/6000rpm●最大トルク:850Nm/2250〜4500rpm●JC08モード燃費:非公表

 

↑ウルスのデザインアイデンティティ、六角形が随所に見られるインパネ。中央のシフトレバーは操縦かん風

 

↑パワーユニットはツインターボ付きの4LV8エンジン。スーパーカーでもトップの出力を誇るモンスターマシンです

 

【その3】SUVでも伝統の走りを追求

ベントレー

ベンテイガ

2081万7000円〜

 

ショーファーユースにも使えますが、ドライバーズカーとしての性格が強いベントレーの伝統を受け継ぐSUV。エアロパーツで武装しパフォーマンスを追求した「スピード」もラインナップに加わりました。

SPEC●全長×全幅×全高:5150×1995×1755mm●車両重量:2530kg●パワーユニット:5945ccV型12気筒ツインターボ●最高出力:608PS(447kW)/6000rpm●最大トルク:900Nm/1350〜4500rpm●JC08モード燃費:非公表

 

↑ブランドのロゴイメージを発展させたデザインというインパネ。レザーシートはハンドクラフトされたもの

 

↑ブライトリング製クロック。車両価格並のオプションで、トゥールビヨン機構を備えた機械式に変更も可能

 

【その4】マイバッハに宿るクラフトマンシップ

メルセデス・ベンツ

マイバッハGLS

想定価格2000万円〜2500万円

 

ダイムラー創業時の主任技師、マイバッハ。現在は最高の技術、贅沢なデザイン、完璧なクラフトマンシップを兼ね備えたモデルに与えられるネーミングです。このSUVもその名に恥じない1台。日本導入は未定です。

SPEC(本国仕様)●全長×全幅×全高:5205×2030×1838mm●車両重量:2785kg●パワーユニット:3982ccV型8気筒ツインターボ●最高出力:558PS(410kW)/6000〜6500rpm●最大トルク:730Nm/2500〜5000rpm●JC08モード燃費:非公表

 

↑ハンドグリップがなければSUVであることを忘れてしまう前席。上質なナッパレザーの使い方はさすがです

 

↑ベースのGLSに対して120mm後方へ移動されたリアシート。フロントシートとの間隔は1103mmと広大

 

文/海野大介

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

  1. 1
  2. 2
  3. 3
TAG
SHARE ON