乗り物
クルマ
2016/7/7 12:00

スバルBRZとの違いは? トヨタ86もマイナーチェンジで3グレード全6タイプにスイッチ

トヨタ自動車は86のマイナーチェンジを実施し、8月1日より発売すると発表した。モデルラインナップ(税込車両価格)は以下の通り。

 

・GT“リミテッド”(6速MT:318万3840円/6速AT:325万800円)

・GT(6速MT:298万1880円/6速AT:304万8840円)

・G(6速MT:262万3320円/6速AT:264万7080円)

 

2.0リッター水平対向4気筒エンジン「D4-S」は、インテークマニホールドやエグゾーストマニホールドなど吸排気系部品の改良により、低速域からのトルク向上を含む、幅広い回転域での最大トルク発生を実現。またMT車のエンジンスペックは207ps/212Nmに引き上げられた(AT車は従来 の200ps/205Nmから変更なし)。

20160707-le01 (2)

従来型よりノーズ先端を下げ、グリル開口部を横方向に拡大することで、ワイド&ローのスタンスを強調したフロントマスクや、バンパー黒加飾部位の幅の拡大などにより、「ハ」の字を強調するワイドな構えを表現したリアビューが新型のデザイン的な特徴。

20160707-le01 (3)

前後ランプが全車LEDタイプとなった点も新型の特徴だ。またトップグレードのGT“リミテッド”にはリアスポイラーが標準装備される。また、アルミホイールは、GT“リミテッド”およびGTには17インチ、Gには16インチが装着される。

20160707-le01 (1)

インテリアでは、トヨタ最小径となる362mmの真円ステアリングホイールの採用をはじめ、GT“リミテッド”とGTには4.2インチTFTのカラーマルチインフォメーションディスプレイや3眼タイプのメーターを搭載している。シート表皮はGT“リミテッド”が本革×アルカンターラ、GTが上級ファブリック、Gが標準ファブリックを組み合わせる。

 

さて、時を同じくしてスバルBRZもマイナーチェンジ版が発表されたが、86との違いはどこにあるのかといえば、まずはグレード体系が挙げられる。86は上記の3グレード展開であるのに対し、BRZは今秋追加設定されるトップグレードのGTを加えると5グレード用意される。そこにはレーシングユースに軸足を置いたRAレーシングや、カスタマイズのベースに適したRカスタマイズパッケージが含まれている。

 

外観の違いとしては、フロントバンパーやヘッドライトユニット(内部)のデザインが挙げられる。インテリアでは基本デザインは共通するが、シート表皮の各部のステッチなど、仕上げレベルで差異が見て取れる。

 

開発を担当している多田哲哉チーフエンジニアは、新型86について次のようなコメントを発表している。

 

「ニュル参戦からフィードバックされた技術を中心にすべてを見直し、何度も世界のさまざまな道で鍛え直すことで、ひとつひとつのアイテムを作り込みました。新型86は、ハンドルを握って走り出した瞬間から、その深化を誰もが実感できるクルマに仕上がっております」。

 

スペックや価格など、より詳しい情報はこちら

http://toyota.jp

 

フォトギャラリーはコチラ

 

【関連記事】

スバルBRZとの違いは? トヨタ86もマイナーチェンジで新型にスイッチ

残り5分! トヨタがまさかのトラブルで悲願のル・マン24時間レース制覇を逃す

【イベント】今年は5月29日に開催! 「トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」の概要が発表

TAG
SHARE ON