乗り物
2016/7/10 14:00

総生産台数は50万台以上! ランドローバー・レンジローバー・イヴォークが誕生から5周年を迎える

7月4日、ジャガー・ランドローバーは、最初の1台がラインオフしたときから数えてレンジローバー・イヴォークが満5歳の誕生日を迎えたと発表した。その間の出荷台数は50万以上になり、平均すると170秒に1台がラインオフした計算になるという。

20160710-le01 (1)

イヴォークを製造する英ヘイルウッド工場は24時間体制で稼働しており、5年間でコンベアシステムは400万km以上進み、17億点のパーツが組み上げられたとのこと。ちなみに8時間シフトで勤務する従業員が5年間で消費したコーヒーは66万8083杯、卵は51万8210個、ベーコンは75万1134切れ、トーストは12万5727枚、ソーセージは66万2104本になるそうだ。

20160710-le01 (2)

ヘイルウッド工場長のリチャード・エルスは「波乱に富んでいましたが、とてもやりがいのある5年間でした。イヴォークがランドローバーの業務に与えた影響はとても大きかった。ヘイルウッド工場のスタッフの努力と情熱を、私は誇りに思います」とコメント。昨年11月にはコンバーチブルも発表され、まだまだイヴォークの販売台数は伸びていくはず。工場長とスタッフにはさらに栄養をつけてもらい、作業に励んでいただけるようお願いいたします。

20160710-le01 (3)

 

フォトギャラリーはコチラ

 

【関連記事】

えっ、もう!? ランドローバー・レンジローバー・イヴォークが誕生から5周年を迎える

【動画】冒険しすぎ!? ランドローバー・ディスカバリー・スポーツで100トンの客車を引っぱってみた

家族全員にうれしい! ランドローバー・ディスカバリー・スポーツに初の限定車「7 Plus Special Edition」が登場