乗り物
2016/7/12 21:00

2016年はランボルギーニ・ウラカンが貢献。日本が2位に浮上!? ランボルギーニの上半期の販売台数が新記録を更新

アウトモビリ・ランボルギーニは、全世界における2016年上半期の新車デリバリー台数が、同社史上初となる2013台を記録したと発表した。特に2016年6月期は416台にのぼり、同社史上最大の台数をマークしている。

20160712-le02 (1)

販売好調を受け、アウトモビリ・ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOは次のようなコメントを発表した。

 

「スパイダーおよび後輪駆動バージョンをはじめとするウラカン・ファミリーの拡大が功を奏し、2016年上半期は記録的な売り上げを達成しました。ウラカンのみならず、アヴェンタドールの受注状況も好調を維持しており、前年度に引き続き今年度も売り上げ記録の更新を目指します」

 

2016年上半期に達成した2013台という数字は、前年同期比で7%増となるものだが、プレスリリースには「全世界の中でも最大の市場は、北米、日本、 英国、中国およびドイツ」という一文が。ちなみに、ランボルギーニの主要マーケットはEMEA(欧州・中東・アフリカ)、アメリカ、アジア太平洋の3つに 大別されるが、それぞれが全世界の売上高の約3分の1づつを占めるバランスのとれた配分となっているそうだ。

20160712-le02 (2)

2016年上半期にデリバリーしたモデルの内訳は、ウラカン・シリーズが1370台、アヴェンタドール・シリーズが643台となっており、ウラカンの人気がこの記録を達成した大きな原動力となっている。

20160712-le02 (3)

一方で、2016年上半期はニューモデルの話題も豊富だった。1月にはウラカン・スパイダーが初披露され、3月のジュネーブショーでは同社の創業者フェルッチオ・ランボルギーニの生誕100周年を記念した40台の限定車ランボルギーニ・チェンテナリオ、航空機にインスピレーションを得た250台限定のウラカン・アヴィオを発表。さらに、6月に英国で開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでは、50台限定のアヴェンタドール・ミウラ・オマージュを世界初披露している。

ランボルギーニに関するより詳しい情報はこちら

http://www.lamborghini.com/jp

 

フォトギャラリーはコチラ

 

さて、ここからは、直近のランボルギーニのトピックを見ていこう。

 

【2016年5月】六本木でイタリア三昧! 「イタリア・アモーレ・ミオ!」にてランボルギーニ・ウラカンを展示

アウトモビリ・ランボルギーニは、在日イタリア商工会議所が日本とイタリアの国交樹立150周年を機に開催する記念イベント「イタリア・アモーレ・ミオ!」に、ランボルギーニ・ウラカンLP610-4スパイダーを特別展示。

lb160528-02 (3)

5月28日(土)と29日(日)の2日間、六本木ヒルズで開催された「イタリア・アモーレ・ミオ!」は、イタリアの素晴らしさを全面にアピールするフェスティバルイベント。イタリアが誇るファッションやジュエリーといったハイブランドから、珍しいイタリアの郷土料理の試食、クルマやバイクの展示、さらに登録数世界一というユネスコ世界遺産をわかりやすく紹介。特別ステージではファミリーで楽しめるショーや、豪華ミュージシャンを招いたライブパフォーマンスが行われた。

lb160528-02 (1)

 

【2016年8月】なんと860馬力! ノビテック トラドがランボルギーニ・ウラカン・スパイダーをフルチューンを発表

スーパースポーツカー向けプログラムを得意とするドイツのチューニングブランド、ノビテックグループ。同社はフェラーリ向けに「ノビテック ロッソ」、ランボルギーニ向けに「ノビテック トラド」、マセラティ向けに「ノビテック トライデント」と、ブランドごとに専用のプログラムを展開しているのだが、このほど、ランボルギーニ・ウラカン・スパイダーをベースとするノビテック トラドのコンプリートカーが発表された。

ウラカン・スパイダーをベースに、スーパーチャージャーを付加したパワーユニットは860ps/960Nmとい圧倒的なスペックを主張。オリジナルエキゾーストシステムとの組み合わせにより、パフォーマンスだけでなく、独特のサウンドも奏でる。

 

エクステリアではオリジナルデザインのカーボン製スポイラーやサイドスカートが、個性を際立たせている。さらに標準のウラカンより約35mmのローダウンを実現したサスペンションを搭載。アウターリムをカーボンでコーティングした特製の3ピースホイールを組み合わせ、独特のアピアランスが演出されている。

 

エンジンスペックを大幅に高めたノビテック トラドのウラカン・スパイダー。具体的なパフォーマンスデータは未発表だが、ノーマルを大きく凌ぐことは間違いなさそうだ。

 

ますます日本市場においても存在感を高めつつあるランボルギーニの今後に目が離せません!

TAG
SHARE ON