乗り物
2016/7/13 20:30

【スクープ】いよいよ電動スーパーチャージャーで発進! 次期アウディRS5が公道テストを開始!

先日デビューしたA5およびS5については既報の通りだが、来年早々デトロイトショーでお披露目される予定の高性能版、RS5のスクープが入ってきた。大きなオーバーフェンダーでワイドトレッドと戦闘的なネガティブキャンバーをカバーしたこのクルマがまさにそのRS5だ。

20160713-le03

だが最終的なフェンダー形状はボディパネルを自然に拡幅したブリスター状になるはずで、フロントバンパーやスプリッターなどもまだ最終形ではない。それでも迷彩パターンを外した姿からは、より力強いシャープな造形になっていることがわかる。

20160713-le03 (2)

肝心のエンジンはディーゼルV6とガソリンV6。ディーゼルV6はあのRS5 TDIコンセプトでアナウンスされてきたように、電動チャージャーを備えた加速モンスターだが、例によって大排気量ディーゼルが日本や米国に投入されるとは考えにくい。3.0リッターツインターボとされる新型ガソリンV6エンジンは当然S5よりも上を行くスペックで、こちらもいよいよ電装系の48V化を背景に電動スーパーチャージャーを使うツインチャージ仕様になる模様。出力は450psとも480psともいわれているが、やはりウリはガソリン車では初物となる電動チャージャーだろう。「ゼロラグ過給」が生む圧倒的な加速Gに期待せずにはいられない。

 

なお4WDシステムのクワトロはクラウンギア式で、前後不等トルク配分を持ち、リアには左右輪のトルクベクタリングを実現するスポーツデフを装着。トランスミッションは6速MTと8速ATの選択になるようだ。

 

フォトギャラリーはコチラ

 

【関連記事】

【スクープ】エンジンはV8? V6? 次期アウディRS5が公道テストを開始!

見どころはカスタムされたR8! アウディがCG映画「ファイナルファンタジーXV」とコラボ

最高605馬力! アウディがRS Q3、RS6、RS7にさらに高性能な「パフォーマンス」を追加

TAG
SHARE ON