乗り物
2016/7/26 12:00

【スクープ】なんと前輪をモーターで駆動!? BMWの次期3シリーズ、サーキットテストを撮った!

来年公開予定の2018年モデル、新型3シリーズセダンの続報。この写真で見ると、現行よりノーズ先端が低く、フロント周りがワイド&ローに見える上級感のあるデザインが特徴のようだ。最近、ロングノーズでショートオーバーハングというBMW的「美の法則」にチャレンジするFRセダン(ジャガーやアルファメオ)の登場が相次いでいるので、元祖FR系スポーツサルーンとして、ここはプレゼンスを強化しておこうという狙いだろう。

20160726-le01

プラットフォームはCFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)やアルミニウム、超高張力鋼板などを適材適所に組み合わせた軽量化技術の最先端を行く自慢の「CLAR」。エンジンラインナップはガソリン、ディーゼルとも3、4、6気筒という“直列ファミリー”のアップデート版となり、パワーアップも図られる。なお現行車でも評判のいいプラグインハイブリッド(PHV)は、出力/容量ともアップグレードが期待できる。

 

巷では2014年にコンセプトを見せた、デフォルト状態がリアモーター駆動、オンディマンドでフロントモーターも駆動して4WD走行、エンジンは発電だけでなくパートタイムでフロントをパラレル駆動する(リアは駆動しない)タイプの2モーターPHV(あるいはレンジエクステンダー)パワートレインの搭載が話題に登っているが、そちらは他モデルで先行投入される予定であり、3シリーズでは少なくとも当初は従来通り1基のISGを使ったPHVがラインナップされるはずだ。

 

フォトギャラリーはコチラ

 

【関連記事】

【スクープ】なんと前輪をモーターで駆動!? BMWの次期3シリーズ、サーキットテストを撮った!

日本導入に期待! BMW M5に600馬力の「コンペティション・エディション」が登場

中国専用じゃもったいない!? 噂のBMW 1シリーズ・セダンがデビュー

TAG
SHARE ON