乗り物
2016/7/29 19:00

エンジンは3種類! メルセデス・ベンツ新型Eクラスで注目はどれ?

新型Eクラスに搭載されるエンジンは、ガソリンが2機種、ディーゼルが1機種の計3種類。それぞれのスペックや特徴を見ていこう。

20160729-le02 (1)

 

1)2.0リッター直4 BlueDIRECT ガソリンターボエンジン

20160729-le02 (2)

第3世代のBlueDIRECTテクノロジーを採用した2.0リッターガソリンエンジンは、E 200 アバンギャルド、E 200 4MATIC アバンギャルド、E 200 アバンギャルド スポーツに搭載される184ps(135kW)/300Nmと、E 250 アバンギャルド スポーツに搭載される211ps(155kW)/350Nmの2スペックを用意。最大200barで燃料を噴射するピエゾインジェクター、スプレーガイド式燃焼システム、マルチスパークイグニッションにより常に最適な燃焼状況を作り出す。いずれも信号待ちなどで自動的にエンジンを停止・再始動させるECOスタートストップ機能を搭載し、高出力と高効率を実現している。

 

2)3.5リッターV6 BlueDIRECT ガソリンツインターボエンジン

20160729-le02 (3)

E 400 4MATIC エクスクルーシブに搭載。333ps(245kW)/480Nmを発生する高出力エンジンで、車格に見合った余裕と優れたドライバビリティ、そして環境性能を兼ね備える。

 

3)2.0リッター直4 BlueTEC ディーゼルターボエンジン

20160729-le02 (4)

将来導入されるRDE(実路走行試験)規制に対応した新開発エンジンで、E 220 d アバンギャルドとE 220 d アバンギャルド スポーツに搭載。先代よりも前後方向に短いコンパクトな設計が特徴で、最高出力は195ps(145kW)、最大トルクは400Nmを発生する。排出ガス浄化システムについては、従来は別々に設置されていた粒子状物質除去フィルターとSCR触媒コンバーターを統合したsDPFを直接エンジン本体に取り付けることで、浄化効率の向上とシステムのコンパクト化・軽量化を達成。ターボチャージャーには可変ターボジオメトリーを採用している。

 

20160729-le02 (5)

なお、いずれのエンジンも、トランスミッションは9速ATの9G-TRONICを組み合わせている。このトランスミッションは従来の7G-TRONICよりも約1kg軽量化されており、伝達効率も高められているという。

スペックや価格など、より詳しい情報はこちら
http://www.mercedes-benz.co.jp

 

フォトギャラリーはコチラ

 

【関連記事】

エンジンは3種類! メルセデス・ベンツ新型Eクラスで注目はどれ?

世界初の快挙! メルセデス・ベンツが大型EVトラックを公開

メルセデス・ベンツ新型Eクラス登場! そのデザインを詳しく知る