乗り物
2016/8/3 20:00

スポーツカー系には久しぶり! ヨコハマタイヤのADVANがポルシェ911と718に新車装着

横浜ゴムのフラッグシップタイヤ「ヨコハマ・アドバンスポーツV105」が、ポルシェの新型911および718ボクスター、718ケイマンに新車装着された。

 

20160803-le02 (1)

装着サイズは、911用がフロント235/40ZR19(92Y)、リア295/35ZR19(100Y)、718ボクスター&ケイマン用がフロント235/40ZR19(92Y)、リア265/40ZR19(98Y)である。ちなみに、911用の19インチは911カレラおよび911カレラ・カブリオレ、718用の19インチは718ボクスターSおよび718ケイマンSに標準となるサイズだ。

 

20160803-le02 (3)

アドバンスポーツV105は、ハイパワープレミアムカー向けの銘柄で、高いドライビングパフォーマンスを発揮するとともに、優れた快適性や安全性を高次元でバランスさせている。今回、上記ポルシェ車に標準装着されたタイヤは、ポルシェと共同開発されたもので、サイドウォールにはポルシェの承認を示す「N0」マークが刻印されている。

 

20160803-le02 (4)

横浜ゴムは1989年にはじめてポルシェの技術承認を取得。「ヨコハマA008P」が964型911で採用されたのを皮切りに、その後も多くの車両に新車装着された経緯を持つ。一方モータースポーツにおいても、ポルシェ952や962Cをはじめ、過去、多くのレーシングポルシェがヨコハマタイヤで参戦してきた。ル・マン24時間レースでは2000年に「チームタイサンアドバン」のポルシェ911GT3R、2001年に「ザイケルモータースポーツ」のポルシェ911GT3RがGTクラスで優勝を遂げている。さらに2005年には「Alex Job Racing」のポルシェ911GT3RがLM GT2クラスで優勝を果たしている。

 

より詳しい情報はこちら
http://www.y-yokohama.com/product/tire

 

【関連記事】

スポーツカー系には久しぶり! ヨコハマタイヤのADVANがポルシェ911と718に新車装着

【旅/ドライブ】メーカーの垣根を越えて! メルセデス・ベンツとポルシェの博物館が共通割引制度を開始

プリウスとはどう違う? ル・マンを制したポルシェ919ハイブリッドの秘密