乗り物
2016/8/6 13:00

アバルト124スパイダーが日本デビュー! 6速MTモデルは388.8万円

FCAジャパンは、アバルトブランド初のオープンスポーツモデルである新型「アバルト124スパイダー」を10月8日より発売すると発表した。税込み車両価格は6速MT車が388万8000円、6速AT車が399万6000円である。

 

20160806-le02 (1)

アバルト124スパイダーは、1960年代にデビューしたオリジナルの124スパイダーへのオマージュとして現代に蘇ったモデル。マツダ・ロードスターのアーキテクチャーをベースに、スタイリングやパワートレイン、室内装備、サスペンションをFCAが独自に開発、マツダの本社工場で生産される。

 

20160806-le02 (2)

エンジンは170ps/250Nmを発揮する1.4リッター直4ターボ。フロントミッドシップにマウントされ、最適なアジリティと優れたドライブフィールを実現したという。トランスミッションは6速MTまたは6速ATを組み合わせる。

 

20160806-le02 (3)

フロントにダブルウイッシュボーン、リアにマルチリンクを採用したサスペンションは124スパイダー独自のセッティングを施し、コーナリング時や減速時の安定性の向上が図られている。ショックアブソーバーはビルシュタイン製が採用された。さらに、卓越した運動性能を引き出すべく、機械式セルフロッキングディファレンシャルが標準装備された点も特徴だ。

 

車両重量は6速MT車で1130kg、6速AT車で1150kg。乾燥重量は1060kgを誇り、6.2kg/psというクラストップレベルのパワーウエイトレシオを達成。欧州仕様参考値の0-100km/h加速タイムは6.8秒をマークするという。ちなみにJC08モード燃費は6速MT車で13.8km/L、6速AT車で12.0km/Lと発表された。

 

フードの膨らみによってエンジンの縦置きを暗示する、長めのボンネットが目を引くエクステリアでは、六角形のフロントグリルや前後のライトなどによって個性を際立たせている。ボディカラーはホワイト、レッド、ブルー(メタリック)に、3層構造のパールホワイトを加えた全4色を設定する。シートはアルカンターラとレザーのコンビが標準。オプションでフルレザー仕上げが選択できる。

 

先進の「124スパイダー インフォテインメント システム」を搭載した点も特徴だ。7インチタッチパネルディスプレイに、各種オーディオやナビゲーション機能をはじめ、リアビューカメラとパーキングセンサーを組み合わせた駐車支援機能などを盛り込む。Bluetooth対応スマートフォンと接続すれば、ストリーミングオーディオやハンズフリー通話、ショートメッセージの読み上げも可能だ。

 

スペックや価格など、より詳しい情報はこちら
http://www.abarth.jp

 

フォトギャラリーはコチラ

TAG
SHARE ON