乗り物
2016/8/13 17:30

新型スカイライン・クーペにも期待! 日産がインフィニティQ60の生産を開始

8月10日、日産は栃木工場にて、インフィニティ・ブランドの新型スポーツクーペ「インフィニティQ60」の本格生産に入ったことを発表した。栃木工場はインフィニティ・ブランドが誕生した1989年から同ブランドの車両の生産を行なっており、この新型車の量産開始にあたって生産ラインを改良し、革新的な生産プロセスを導入したとのことだ。

 

20160813-a11 (1)

Q60は鋭いボディラインを特徴としており、そのため深いボディプレス加工が求められる。また、スチール製フレームと樹脂製外板を組み合わせた世界初の樹脂製トランクリッドに対応するジグの設置も必要となり、プレスおよび組み立て工程を中心に生産ラインの改良を実施。また、品質管理のさらなる向上のため、検査工程に新しい照明システム、組み立て工程にカメラ・ビデオシステムを導入したという。加えてQ60の新色であるダイナミック・サンドストーン・レッドの艶のある深い赤を実現するため、専用の塗装ブースも設置されている。

 

20160813-a11 (2)

インフィニティの生産ラインには、栃木工場で働く4500名の中から高度な技能を持った熟練の職人216名が“匠”として選出され、職務にあたっている。さらにその中から6名を、プレミアムモデルの生産に精通し、顧客の要望と期待をもっとも理解した“マイスター”に任命。栃木工場におけるインフィニティの生産のあらゆる面を監督し、インフィニティ・モデルならではの特徴に対応できる生産工程となっているかを確認する体制が敷かれているという。

 

20160813-a11 (3)

インフィニティQ60は、日本ではニッサン・スカイライン・クーペとしての販売が予想されている。発売時期はまだ明らかにされていないが、最新の“匠の技”を一刻も早く実際に目にしたいものだ。

 

フォトギャラリーはコチラ

TAG
SHARE ON