乗り物
2016/8/23 13:30

クーペもデビュー! 新型「AMG C43」をメルセデス・ベンツ日本が発表

8月19日、メルセデス・ベンツ日本はメルセデス・ベンツCクラスに「メルセデスAMG C 43 4MATIC クーペ」を追加し、「メルセデスAMG C 43 4MATIC(セダン/ステーションワゴン)」の一部改良と右ハンドル仕様の追加を発表した。発売は9月からの予定。

20160823-le01 (1)

「メルセデスAMG C 43 4MATIC」はメルセデスAMGが専用開発した高出力V6ツインターボエンジンと4輪駆動を組み合わせたハイパフォーマンスモデル。最高出力は367ps(270kW)、最大トルクは520Nmを発生し、0-100km/h加速4.7秒(ステーションワゴンは4.8秒)の動力性能を誇る。4MATICは31:69とリア寄りのトルク配分とされており、スポーツ走行時などに強力なトラクションと安定感のあるハンドリングを提供するとのことだ。また、足まわりにはC 63と同様、AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンションが採用されており、Comfort/Sport/Sport Pusの3つの走行モードを切り替えることができる。

20160823-le01 (2)

今回のモデル追加/一部改良に伴い、AMGロゴ付きのダイヤモンドグリル/ブレーキキャリパー/サイドステップカバーが全モデルに採用され、C 63と同じホイールセンターキャップが装着されているなどの外観の仕様変更も実施されている。

20160823-le01 (3)

価格はメルセデスAMG C 43 4MATIC(セダン)が880万円、同ステーションワゴンが952万円、同クーペが905万円。なお、セダンとステーションワゴンには左右ハンドルの両仕様が用意されており、クーペは右ハンドルのみとなる。

オリジナルページはコチラ