乗り物
クルマ
2016/8/23 14:00

トヨタに続きボルボも! 自動運転分野で米配車サービス「ウーバー」との提携を発表

ボルボは8月18日、スマートフォンのアプリを利用した配車サービスを手掛けるアメリカのウーバーと提携し、次世代の自律走行車を共同開発することを発表した。

Volvo Cars and Uber join forces to develop autonomous driving ca

両社合わせて3億ドル(約300億円)を投資。開発のベース車両はボルボが製造、新世代モジュラー式プラットフォーム「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)」が導入されている新型XC90など提供する。

20160823-le02 (2)

今回の提携に際して、ボルボのホーカン・サミュエルソン社長兼CEOは次のようなコメントを発表している。

 

「ボルボは、アクティブ・セーフティと自律駆動技術の開発における世界的リーダーであり、車両の安全性に対する比類なき信頼性を有しています。今回、世界有数の技術企業であるウーバーとパートナーを組むことを、誇りに思っております。この提携によってボルボは、自動車業界における技術革新の中心に位置づけられることになります」。

20160823-le02 (3)

ボルボはこの提携によって、次世代の自律走行車開発を進めていく中で、安全性向上に必要とされる新しい機能の研究・開発にも取り組み、SPAプラットフォームの拡張性を高める構えを示している。

 

一方、ウーバーのトラビス・カラニックCEOは、このように述べている。

 

「毎年、世界で100万人以上の人が自動車事故で命を失っています。これは自律走行車を実用化させることによって、改善することができますが、その実現はわれわれだけでは難しいことです。ですから、ボルボのような偉大な自動車メーカーとのパートナーシップが、なにより重要になります。ウーバーの持つIT技術とボルボの技術力を組み合わせることで、この実現がより早く迎えられるようになります」。

オリジナルサイトはコチラ