乗り物
2016/9/13 19:30

【新車試乗記】ポルシェ新型パナメーラに試乗! それは史上もっとも快適なスポーツカー!?/前編

ポルシェといえば、「あの丸目のスポーツカー」を思い出す方が多いことだろう。だが、いまや販売台数でポルシェを支えているのは四輪駆動車のSUVたち。つまりカイエンやマカンといったクルマなわけで、その割合はなんと約70%にもおよぶ。しかしそれらの成功だって、スポーツカーとして60年以上に渡り、第一線で気を吐き続ける911という存在があってこそ。そんな911が築き上げたブランドイメージがあるがゆえに「あのカタチ」が成立するのであり、オーナーも周囲も「ポルシェだから先進的で、高級で高性能」という安心感を覚えるのだ。

 

20160913-le01 (1)

さて、そんな中で登場してきたのが新型パナメーラである。この「4ドアのポルシェ」がはじめてデビューしたのは2009年で、もう7年も前のこと。日本でも街を行く姿をそれなりに見かけるから、カイエンやマカンほどではないにせよ、一般的にもだいぶ知られた存在になっているのではないだろうか。競合車はメルセデス・ベンツSクラスやBMW7シリーズ、ジャガーXJといった1000万円オーバー級のビッグサルーンだが、1台だけ飛び抜けてスポーティなので実質的にライバルは不在ということができるかもしれない。

 

20160913-le01 (2)

今回デビューを飾ったのはガソリン2車種、ディーゼル1車種で、「パナメーラ・ターボ」「パナメーラ4S」「パナメーラ4Sディーゼル」がそれ。このうちガソリンモデルだけが日本に導入されるのだが、両者ともエンジンはまったくの新開発。「パナメーラ・ターボ」は4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載、これは先代に比べ排気量を800cc落としつつもスペックは30ps/70Nmも上回る、最高出力550 ps(404 Kw)/5750~6000rpm、最大トルク770Nm/1960~4500rpmを実現している。そして「パナメーラ4S」は2.9リッターV6ツインターボエンジンで、こちらも排気量を100ccダウンしながら440ps(324 Kw)/5650~6600rpm、550Nm/1750~5500rpmを発揮する(先代比+20ps/+30Nm)。排気量に依存することなくパワーアップを果たすことができたのは、ひとえにゼロから新開発されたエンジンだから。余すところなく最新技術を導入することができたからにほかならない。ちなみに価格はパナメーラ・ターボが2327万円、パナメーラ4Sが1591万円と発表されている(いずれも税込)。

 

20160913-le01 (3)

20160913-le01 (4)

なお“史上最速の量産ディーゼル”を唱う「パナメーラ4Sディーゼル」は、4.0リッター V8ツインターボエンジンを搭載する。こちらは422ps/850Nmを発生し、285km/hの最高速と4.5秒の0-100km/h加速タイムをマークする。こちらは同じグループのアウディ製ユニットをベースに、ポルシェが独自にチューニングを施しているとのことだ。

 

20160913-le01 (5)

そんな新型パナメーラの国際試乗会は、ミュンヘン空港の特設会場をベースに行なわれた。空港を行き来する世界中の人たちにアピールする狙いもあるのだろう、ターミナル間にある広いオープンスペースには20台近い新型パナメーラがズラリ。実はこの1カ月前にも技術ワークショップに参加していたから初見ではないのだが、改めてそのカッコよさに見とれてしまう。特にリアの眺め。スポーツカーの911によく似た、緩やかに下降するルーフラインにリアフェンダーのセクシーな膨らみ。先代は後席の居住性に配慮するあまりルーフ部分が後方に長く、テールゲートが急角度で落ち込んでいたからあまりスポーティには見えなかったのだが、新型は違う。リアコンビネーションランプやガーニッシュのデザインも911に近いイメージになった。これなら911乗りが必要性に駆られて4ドアのパナメーラに乗り替えたとしても、さほど違和感を覚えずに済むのではないだろうか。

 

20160913-le01 (6)

あまりにもスタイリッシュになったので「ずいぶん大きくなったな」と感じるかもしれないが、実際は全長5049mm(+34mm)、全幅1937mm(+6mm)、全高1423mm(+5mm)だからサイズは先代とほぼ同じ。ホイールベースが30mm伸びていることもより伸びやかに見せるのだろう。プラットフォームがこれまたまったく新しい「MSB」になったことで、より自然なプロポーションが実現できたという一面もありそうだ。ちなみにMSBとはドイツ語で「Modularer Standardantriebs-Baukasten」、意訳するなら「スタンダード駆動(後輪駆動と4WD)向けモジュラー化コンポーネント」ということになるだろうか。なお、このプラットフォームは新型パナメーラだけではなく、今後は同じグループに属するベントレー・コンチネンタルGT系モデルにも使われることになるようだ。もちろん軽量化には熱心に取り組まれており、新型パナメーラのホワイトボディは重量比で38%がアルミニウム製に。結果として先代に比べ70kgのダイエットに成功しているそうだ。

 

試乗は日本に導入される2モデル、特にパナメーラ・ターボを中心に行なった。生まれ故郷のドイツで開かれる試乗会だけに、速度無制限のアウトバーンで思う存分に試すことができたのだ。【後編に続く】

 

スペックや価格など、より詳しい情報はこちら
http://www.porsche.com/japan/jp

 

フォトギャラリーはコチラ