乗り物
2016/9/14 20:00

自動運転こそ「安全」! ボルボが公道テスト用のXC90をスウェーデン工場で生産開始

9月9日、ボルボ・カーズは自動運転車の公道実証実験プロジェクト「Drive Meプロジェクト」で使用する自動運転車を完成させたことを明らかにした。この車両はXC90をベースにしており、スウェーデン・イェーテボリの一般ユーザーに提供され公道での走行実験を行なうことになる。

20160914-le02 (1)

ボルボは現在、90シリーズのモデルにレベル2の半自動運転機能を備えた「パイロットアシスト」を搭載。これは穏やかなステアリング操作によって運転をアシストする機能で、車速130km/hまでであれば前走車がいなくても走行車線をキープして走ることが可能となる。Drive Me用の車両ではそのパイロットアシストに加え、「自動運転頭脳(Autonomous Driving Brain)」と名付けられた機能を搭載。イェーテボリ周辺に設定した自動運転ゾーンにおいて、ハンドルやアクセル、ブレーキの操作をクルマ側が行なう自律走行を実現している。

20160914-le02 (2)

完成した自動運転車は今後、テスト行程に回され、搭載された最新の自動運転技術が設定通りに機能するかを確認。その後、Drive Meプロジェクトに参加する顧客の手により公道での走行実験が行なわれることになる。

20160914-le02 (3)

ボルボが自動運転技術の市販車への導入を予定しているのは2021年。2017年にはロンドンで、さらに数年内には中国でもDrive Meプロジェクトの実施を計画しているとのことだ。

 

フォトギャラリーはコチラ

TAG
SHARE ON