乗り物
クルマ
2016/10/10 16:11

メルセデス・ベンツ新型Eクラスが大健闘! 7~9月輸入車販売ランキングTOP10!

新型Eクラスは3240台で4位にくい込む

JAIA(日本自動車輸入組合)は、2016年第3四半期(7〜9月期)における輸入車の車種別登録台数を発表した。ランキングトップ10は以下の通り。

 

1位:MINI(5980台)

20161010_y-koba_LB3_01_R

 

2位:フォルクスワーゲン・ゴルフ(5734台)

20161010_y-koba_LB3_02_R

 

3位:メルセデス・ベンツCクラス(4342台)

20161010_y-koba_LB3_03_R

 

4位:メルセデス・ベンツEクラス(3240台)

20161010_y-koba_LB3_04_R

 

5位:BMW 3シリーズ(2981台)

20161010_y-koba_LB3_05_R

 

6位:フォルクスワーゲン・ポロ(2954台)

20161010_y-koba_LB3_06_R

 

7位:BMW 2シリーズ(2576台)

20161010_y-koba_LB3_07_R

 

8位:アウディA3(2127台)

20161010_y-koba_LB3_08_R

 

9位:メルセデス・ベンツCLA(2093台)

20161010_y-koba_LB3_09_R

 

10位:BMW 1シリーズ(2046台)

20161010_y-koba_LB3_010_R

 

ご覧の通り、トップ10に入ったのはすべてドイツブランド。依然、輸入車ではドイツ車の人気が健在であることがわかる。ちなみに、ドイツブランドを除くトップはボルボV40(総合12位/1804台)だった。

 

トップのMINIは、モデルバリエーションが豊富な点も奏功し、第2四半期(5800台)に続いて首位をキープ。トップ争いの常連であるVWゴルフも、第2四半期(5336台)から2位を維持している。メルセデスCクラスに至っては、2015年の第4四半期(10〜12月期)から3位を保つ安定感が発揮された。

 

注目は7月27日に日本デビューを飾ったメルセデスの新型Eクラス。3カ月に満たない販売期間ながら4位にくい込み、新型のセールスが好調なスタートを切ったことが伺える。また、Eクラスはトップ10の中では唯一のEセグメントモデルとなった。

TAG
SHARE ON