乗り物
2016/10/13 16:57

F1日本GP鈴鹿はロズベルグが優勝! メルセデスは3年連続でコンストラクターズタイトルを獲得

ロズベルグはキャリア通算23度目の勝利

10月9日、F1日本グランプリ決勝が鈴鹿サーキットで行なわれ、メルセデスAMGのニコ・ロズベルグが、53ラップを1時間26分43.333のタイムで優勝を飾った。同じチームのルイス・ハミルトンは3位で、メルセデスは2選手がともに表彰台に登った。

20161013_y-koba_LB1_03_R

気温21℃、路面温度は26℃。ドライコンディションでスタートした決勝、ロズベルグはスタートから後続とのギャップを広げ、終始レースの主導権を握り、危なげない展開で鈴鹿での初優勝を飾った。この勝利はロズベルグにとってキャリア通算23度目のタイトルとなる。また、今回の勝利により、メルセデスAMGは3年連続となるコンストラクターズタイトル獲得が決定している。

20161013_y-koba_LB1_02_R

なお、決勝はマシン全22台が完走を果たしている。

 

2016 F1日本GP決勝結果

1位:ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)

2位:マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

3位:ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)

4位:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

5位:キミ・ライコネン(フェラーリ)

6位:ダニエル・リカルド(レッドブル)

7位:セルジオ・ペレス(フォース・インディア)

8位:ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)

9位:フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)

10位:バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)

11位:ロマン・グロージャン(ハース)

12位:ジョリオン・パーマー(ルノー)

13位:ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)

14位:ケビン・マグヌッセン(ルノー)

15位:マーカス・エリクソン(ザウバー)

16位:フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)

17位:カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)

18位:ジェンソン・バトン(マクラーレン)

19位:フェリペ・ナッセ(ザウバー)

20位:エステバン・グティエレス(ハース)

21位:エステバン・オコン(マノー)

22位:パスカル・ウェーレイン(マノー)