乗り物
2016/10/14 19:41

緊急自動ブレーキ搭載で事故が約70%減!? ボルボ日本の調査が示すAEBの有用性

AEBの有用性が実証される

ボルボ・カー・ジャパンは、ITARDA(公益社団法人 交通事故総合分析センター)が保有する情報をもとに、2009年から2015年に国内で新規登録されたボルボ車において、緊急自動ブレーキシステム(AEB)搭載車と非搭載車の事故発生件数の比較調査を実施した。その結果、AEB搭載車は非搭載車に比べて事故件数が69.0%少ないことが明らかとなった。

20161014_y-koba_LB2_02_R

対象となったボルボ車の台数は、AEB搭載車が6万585台、非搭載車が1万8823台で、ITARDAが保有するデータをもとに、ボルボ・カー・ジャパンが独自に算出したもの。結果、AEB搭載車は非搭載車に比べ対人事故件数が58.6%少なく、追突事故件数は76.5%少ないという結果が判明した。

 

ボルボは、2009年に国内ではじめて完全停止するオートブレーキシステムをXC60に標準装備して以来、歩行者やサイクリストの検知機能を追加。さらに2016年1月には右折時対向車検知機能が導入され、着実に進化を果たしてきた。また、2014年にはオートブレーキシステムを含む10種類以上の先進安全機能である「インテリセーフ」の全車種・全グレードへの標準装備化を実現している。

 

2020年までに、新しいボルボ車において、交通事故における死亡者や重傷者をゼロにするという安全目標「ビジョン2020」を掲げているボルボ。今回の調査結果により、ボルボ車の導入する安全技術が確かな成果を生み出していることが実証されたといえる。

TAG
SHARE ON