乗り物
2016/10/18 20:00

トヨタが今季初優勝! 小林可夢偉の活躍で「WEC第7戦 富士」を制す

最後の最後でアウディとポルシェを下す

10月16日に決勝戦が行なわれた2016年FIA世界耐久選手権(WEC)第7戦富士6時間レースにて、TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID #6号車が今季初勝利を飾った。ドライバーは小林可夢偉、ステファン・サラザン、マイク・コンウェイ。TS050 HYBRIDの#5号車(中嶋一貴、アンソニー・デビソン、セバスチャン・ブエミ)も4位フィニッシュを果たしている。

20161018_y-koba_LB1_01_R

TS050 HYBRIDがエントリーしたLMP1-Hカテゴリーはアウディやポルシェも参戦しており、決勝ではトヨタを加えた3メーカーによる接近戦が繰り広げられ、5時間を経過した時点でもトップ3台が10秒以内の差で首位を争う白熱した展開となった。スタート直後にはそれぞれ4位、6位だった#6号車と#5号車は、最初のピットストップを終えた時点で2位と4位に浮上する。

20161018_y-koba_LB1_02_R

レースはそのまま激しいトップ争いを繰り広げ、最後に#6号車のステアリングを任された小林は、最後のピットストップでタイヤ無交換作戦をとりトップに躍進。ピットアウト直後には11秒あった2位アウディR18との差を1.4秒まで詰められたものの、見事逃げ切ってトップでチェッカーを受け、今季初勝利をもぎとった。

20161018_y-koba_LB1_03_R

最終戦のひとつ前となる次戦は上海にて、11月6日に決勝が行なわれる。

 

【第7戦富士6時間決勝結果】

1位 #6 TOYOTA GAZOO Racing/トヨタTS050 HYBRID 244周

2位 #8 アウディ・スポート・チーム・ヨースト/アウディR18 244周 +1.439″

3位 #1 ポルシェ・チーム/ポルシェ919ハイブリッド 244周 +17.339″

4位 #5 TOYOTA GAZOO Racing/トヨタTS050 HYBRID 244周 +53.779″

5位 #2 ポルシェ・チーム/ポルシェ919ハイブリッド 243周 +1Lap

TAG
SHARE ON