乗り物
2016/10/21 21:00

アウディ「A6」がマイナーチェンジで新型に! お値段そのまま、よりスポーティに

Sライン・エクステリアを全車標準に

10月20日、アウディ ジャパンは「アウディA6」シリーズの仕様を一部変更し、同日より販売を開始した。今回の仕様変更では、従来はオプションだったS lineエクステリアを標準装備化し、外観の存在感を高めている。

20161021_y-koba_LB2_02_R

S lineエクステリアは、従来は一体型だったエアインレット部を3つの独立した形状として立体感を高めているほか、サイドシル部を拡幅してワイド&ローのスタイルを強調。また、リアディフューザーデザインを変更することで高級感を演出している。さらにS lineパッケージを装着すると、アウディS6と同デザインのシングルフレームグリルとなり、エアインレット部がクロームの水平バーが加えられた新デザインとなる。

20161021_y-koba_LB2_03_R

ラインナップと価格は従来と変わらず、セダンは1.8 TFSIが628万円、2.0 TFSI クワトロが680万円、3.0 TFSI クワトロが888万円。アバントは各38万円高となる。

 

スペックや価格など、より詳しい情報はこちら

http://www.audi.co.jp

TAG
SHARE ON