乗り物
クルマ
2016/10/24 21:16

トヨタ博物館が「クラシックカー・フェスティバル」を開催! 11月26日(土) 東京・神宮外苑にて

トヨタ自動車の文化施設であるトヨタ博物館は、11月26日(土)に「2016 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」を、東京・明治神宮外苑で開催すると発表した。

20161024_y-koba_LB1_02_R

 

このイベントは、自動車文化の醸成・継承とクルマファンの交流が目的。明治神宮外苑聖徳記念絵画館前をメイン会場に、一般参加のクラシックカー約100台による銀座中央通りを通過するパレードや展示をはじめ、トヨタ博物館が収蔵するクラシックカーの展示や走行披露など、多彩なプログラムが展開されるのが特徴だ。

 

今年は東京開催10周年を記念して、10個の星をあしらった記念ロゴを制作するとともに、一般来場者への特典が用意されている。スカーフとサングラスの両方を身に付けた来場者、先着100名に「トヨタ博物館入場券(2名分)」がプレゼントされるほか、パレードスタートの様子が間近で見られる特別観覧エリアが設置される。

 

さらに今回はホンダ・コレクションホールの協力を得て、当時の軽自動車の性能を大幅に上回り、ベストセラーカーとなったホンダN360が出展される。

20161024_y-koba_LB1_03_R

企画展示のテーマは「見て、聴いて、感じる 突き抜けたクルマたち―’50s、’60s」。世界中のクルマに影響を与えたテールフィンの頂点を極めたキャデラック エルドラド ビアリッツ(1959・アメリカ)、大衆車の既成概念を変えたモーリス ミニ マイナー(1959・イギリス)、第1回日本グランプリでクラス優勝を飾ったダットサン フェアレディSP310(1963・日本)、3つの世界記録と13の国際記録を樹立したトヨタ2000GT“スピード トライアル”「レプリカ」(1966・日本)などの走行する姿や、エンジン音などが楽しめる。

 

なお、トヨタ博物館は“世界と日本の自動車産業がどう絡み合い進化してきたか”を、よりわかりやすく伝えることを目的に、本館常設展のリニューアルが進行中だ。2017年1月には本館3階常設展をリニューアルする予定で、今回の企画展示はこれに関連したものだという。

 

「2016 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」

■日時:2016年11月26日(土)10:00〜15:30(入場無料)

※雨天決行:ただしプログラムが変更となる場合あり

 

■会場:明治神宮外苑 聖徳記念絵画館前(東京都新宿区霞ヶ丘1-1)

 

■主なプログラム

1.オープニングセレモニー/10:00〜10:20

2.クラシックカーパレード&展示(一般参加車両約100台)

クラシックカーパレード/10:20〜12:00頃

クラシックカー展示(パレードから帰ってきた一般参加車両・トヨタ博物館車両)/11:00頃〜15:30

3.Classic Car Circuit(CCC)クラシックカーがか会場内を走行/12:30〜15:00

4.Classic Car Studio(CCS)特設ブースでのMCによるトークショー。オーナーインタビュー、会場の様子も実況/12:30〜15:00

 

TAG
SHARE ON