乗り物
2016/10/24 21:30

ついに現地生産を開始! トヨタがハイブリッドシステムを欧州でつくる理由とは?

10月20日、トヨタはポーランド工場でのハイブリッド用トランスアクスル生産を2018年より開始することを発表した。併せて同国にあるディーゼルエンジン生産工場で、2017年から1.5リッター、2019年からは2.0リッターのガソリンエンジンの生産も開始する。今回の新規生産に伴う追加投資額は約1億5000万ユーロ(約170億円)で、事業開始からの累計投資額は9億5000万ユーロ(約1080億円)となるとのことだ。

20161024_y-koba_LB2_02_R

ハイブリッド用トランスアクスルは、ハイブリッドパワートレインを構成する重要部品のひとつ。現在、欧州生産のハイブリッド車には日本で生産したトランスアクスルを搭載しているが、2018年からはオーリス・ハイブリッドとオーリス・ツーリング・スポーツ・ハイブリッド、そして今年末に生産を開始する新型クロスオーバー「TOYOTA C-HR」にポーランド生産のものが搭載される。

20161024_y-koba_LB2_03_R

ハイブリッドは欧州において、トヨタを他車と差別化する要。今後、さらなる販売数の増加が予想され、2020年には現在約30%である販売比率を50%まで高める目標を掲げている。今回のポーランド生産化は、それに向けての施策のようだ。