乗り物
クルマ
2016/10/25 20:32

トヨタの燃料電池車(FCV)第二弾はバス! 2017年より都営バスとして活躍へ

トヨタ自動車は10月21日、実用化に向けて走行実証を重ねてきた燃料電池バス(FCバス)を、2017年初頭よりトヨタ・ブランドで販売すると発表した。「トヨタFCバス」と名乗るこのバスは、まずは東京都交通局が運行する路線バスとして、2台が使用される予定となっている。

20161025_y-koba_LB_01_R

トヨタ自動車では、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、東京都を中心に100台以上のFCバスを供給していく予定。これに向け、公共交通としてのFCバスの活用について一般社会の理解を深めるため、今回の販売に至ったとのことだ。

20161025_y-koba_LB_02_R

全長10.53m、全幅2.49m、乗車定員77名(乗務員含む)のトヨタFCバスは、日野自動車と共同で進めてきたFCバス開発の経験を生かし、トヨタが開発。燃料電池自動車(FCV)であるMIRAI(ミライ)向けに開発したシステム「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」を採用し、内燃機関に比べてエネルギー効率が高いだけでなく、走行時に二酸化炭素や環境負荷物質を排出しない、優れた環境性能を実現している。

 

また、大容量外部電源供給システムを採用し、最高出力9kW、かつ大容量235kWhの電力供給能力を備えており、災害などの停電時には避難所で非常用電源として利用することも可能だ。

 

トヨタは今後FCバスの導入台数を着実に増やし、東京オリンピック・パラリンピックでの活用を通じて「水素社会」の実現に貢献していきたいとのことである。

TAG
SHARE ON