乗り物
2016/10/27 6:00

「BMW X4 M40i」に試乗! いまいちばんトンガったクーペSUVの走りは?

昔は「クロカン(クロスカントリービークル)」なんて呼ばれていた四輪駆動車(4WD)。そこから、もっと身近で乗用車ライクなSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)なるジャンルが派生して早二十余年。SUVはいまや世界中で人気を博しているが、ここまでメジャーな存在になると、さらに人とは違ったものを欲しがる層が出てくるのも事実。そんな人たちにいちはやくアプローチしてきたのがBMWで、ワゴンタイプのX5とX3にルーフの低いスタイリッシュなクーペ仕様を設定、すでにX6、X4としてリリースしている。

20161026_y-koba_LB3_01_R

今回試乗したのはそのX4に追加設定された高性能モデル「X4 M40i」で、これは標準仕様の「X4 xDrive35i」をBMWのモータースポーツ部門である「M社」がチューニングしたクルマ。搭載する3.0リッター直列6気筒エンジンはノーマルを54馬力も上回る360馬力を発生するなど、ほとんどスポーツカー並みのハイパフォーマンスを売りにしているのだが、外観はノーマル系スポーティグレード「Mスポーツ」のエアロパーツに控えめなシルバーの加飾パーツをプラスしたり、専用のアルミホイールを装着するにとどまる。0-100km/h加速4.9秒の俊足を誇る割にはかなり控えめな装いなのだ。

20161026_y-koba_LB3_02_R

だが運転席に乗り込み、スタータースイッチをプッシュするとそんな感想は一変する。「ヴァォゥン! ボボッ、ボボボボボボ……」と、盛大に吠えたあとも周囲に敵意をむき出しにしたまま、ずっと低く唸っているのだ。このあたりがxDrive35iとの大きな違い。M40iはテールパイプが左右2本出しになる、専用のデュアルエグゾーストシステムを装着しているのだ。いまどき珍しい(?)ほどの肉食系である。

 

そして走り出すと、もちろんエグゾーストサウンドのボリュームがさらに大きくなってゆくのだが、これに官能的なエンジンのメカニカル音や吸気音が加わり、次第にハイトーンに、そしてビートの粒もそろってくるからたまらない。いまや高級車でも4気筒エンジンが普通になってしまったが、改めて6気筒、しかもBMW謹製のストレート6に乗ると、そのスムーズさ、滑らかさはやはり感動モノ。ひと昔前は320iでも直列6気筒が味わえたのだが、あぁ、君はずいぶんと遠いところに行ってしまった……。だから「どうせ乗るなら最高の6気筒を」と思う気持ちもよくわかる。そんな情勢もM40i登場の背景にはあるのかもしれない。ちなみにこのエンジン、想像以上にM社の手が加えられているあたりもソソられるポイント。コンピュータの調整だけではなく、鍛造クランクシャフト、専用ピストン、スパークプラグなどはあのスポーツカーM3/M4譲りのパーツに変更。オイルクーラーまで追加されているのだ。

TAG
SHARE ON