乗り物
クルマ
2016/10/28 21:00

アウディがル・マンから撤退――新たに “電気自動車のF1” 「フォーミュラE」に参戦へ

アウディは、2016年シーズンをもってル・マン24時間レースを含めた「FIA WEC(世界耐久選手権)」への参戦から撤退することを発表。今後は、同社の新しいモータースポーツ戦略に則り、「FIAフォーミュラEレーシング・シリーズ」に本格参戦する。

20161028_y-koba_LB1_02_R

アウディAGのルパート・シュタートラー取締役会会長は次のようにコメントしている。

 

「将来を見据え、電気自動車によるレースに参戦することにしました。アウディのラインナップにおいて、今後、電気自動車の比率が次第に高くなっていきます。アウディの先進技術を代表するモータースポーツのレースカーは、その技術力を示すものでなければなりません」

20161028_y-koba_LB1_03_R

電気自動車による最初のレースであるフォーミュラEは、2018年から完全なバッテリー駆動による電気自動車をラインナップに加えるアウディのブランド戦略にマッチしたものといえる。

 

FIAフォーミュラEへのワークスチームとしての参戦は、2017年から開始される予定だ。このレースは、未来に向けてもっとも大きな可能性をもったレースシリーズと期待が寄せられているが、そのためにアウディは現行の2016/2017シーズンから、チーム・アプト・シェフラー アウディ スポーツとの協力関係をより強化。ワークスチームとしてのフル参戦に向け、現在積極的に技術開発を行なっているという。

 

ちなみに、DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)への取り組みは、これまで通り継続されるとのことだ。