乗り物
2016/11/7 6:00

空でも速い! ホンダのビジネスジェットがアメリカで飛行時間の最短記録を更新

ホンダの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニーは、米フロリダ州オーランドで11月1日〜3日まで開催中の、世界最大のビジネス航空ショー「ナショナル ビジネス アビエーション アソシエーション(NBAA)2016」において、ホンダ・ジェットが小型ビジネスジェット機カテゴリーで米国のふたつの飛行ルートの最短飛行時間記録を更新したとして、米国航空協会(NAA)に公式認定されたことを発表した。

20161107_Y01_02

この最短飛行時間記録は、ニュージャージー州テターボロとフロリダ州フォート・ローダーデール間、およびマサチューセッツ州ボストンとフロリダ州パームビーチ間で達成。NBAAの会場で公式認定証がNAAより授与された。

20161107_Y01_03

テターボロとフォート・ローダーデール間の飛行では、2016年4月9日の午後2時15分にテターボロ空港を離陸し、午後5時6分にフォート・ローダーデール空港に着陸。この日は平均60ノット(111km/h)の向かい風だったが、ホンダ・ジェットはこの航路を2時間51分で飛行した。この飛行による最高対地速度は414ノット(767km/h)に達した。

 

一方、ボストンとパームビーチ間の飛行では、2016年7月19日の午前7時18分にボストンのニュー・ベッドフォード・リージョナル空港を離陸し、午前10時16分にパームビーチ空港に着陸。平均30ノット(56km/h)の向かい風の中、2時間58分で飛行した。この飛行での最高対地速度は422ノット(782km/h)だった。

 

ホンダ エアクラフト カンパニーの藤野道格社長は、次のようにコメントを発表している。

 

「小型ビジネスジェットの仕様頻度が高いこれらの飛行ルートにおいて、高気温や強い向かい風条件下にもかかわらず、最短飛行時間記録を更新したことは、ホンダ・ジェットが高い巡航速度に加え上昇・降下性能などでも優れた実用性能を備えていることを証明しています。主翼上面エンジン配置など、ホンダ独自の最先端航空機技術がこの高い実用性能を実現しています」。

TAG
SHARE ON