乗り物
2016/11/8 20:00

やはりポルシェは強かった! FIA世界耐久選手権「WEC上海6時間」を制して2年連続のタイトルが確定

FIA世界耐久選手権(WEC)のLMP1クラスに、919ハイブリッドで参戦しているポルシェは、11月6日に決勝が行なわれた上海6時間耐久レースを制した。これにより、最終戦を待たずに今シーズンのマニュファクチュアラー部門タイトルを確定させた。
20161108_y-koba_LB1_04_R
上海6時間耐久レースを1位と4位でフィニッシュしたポルシェは38ポイントを獲得し、合計301ポイントに。アウディ(222ポイント)やトヨタ(207ポイント)が11月19日に行なわれるバーレーンの最終戦でポルシェを上回る可能性が消滅した。

20161108_y-koba_LB1_01_R
また現在、残り1戦の時点で、今年のル・マンで優勝したデュマ/ジャニ/リーブがドライバー部門をリードしている。これまでの24戦で、ポルシェ919ハイブリッドは13勝、15回のポールポジションを記録している。

 

ポルシェAGの研究開発担当役員ミヒャエル・シュタイナーはタイトル獲得に際して次のようにコメントしている。

 

「ポルシェにとって2年連続となるマニュファクチュアラーチャンピオンシップのタイトル獲得は、919ハイブリッドのコンセプトの正しさを改めて証明しました。ヴァイザッハで開発されたこのル・マン・プロトタイプは、718RS、904、917、956など、常に時代を先行していた歴史に残るポルシェのレースカーの仲間入りを果たしました。これらすべてのモデルがモータースポーツの歴史を塗り替え、市販車両の開発に大きく貢献してきました。これは、919ハイブリッドも同じです。私はチーム全員を誇りに思います」。

20161108_y-koba_LB1_02_R
919ハイブリッドは2014年にル・マン・プロトタイプ(LMP1)として、独自のパワートレインコンセプトとともにデビューを飾った。ポルシェはル・マン24時間レースで2015年および2016年に総合優勝を果たし、通算18勝を挙げている。2015年は通算17回目のル・マン優勝に加えてマニュファクチュアラーチャンピオンシップも手中に収めた。

 

システム出力900psを発生する919ハイブリッドは、ポルシェのモータースポーツ部門と市販車両の開発チームが密接な連携を図って生まれた。エンジンは革新のダウンサイジングユニット。コンパクトな2.0リッターV4ガソリンエンジンにターボチャージャーが搭載され、ほぼ500psで後輪を駆動。一方、フロントアクスルのブレーキエネルギーと排気エネルギーを利用する、2系統のエネルギー回生システムにより生み出された電力は、リチウムイオンバッテリーに蓄えられる。このバッテリーのエネルギーを利用して、電気モーターがオンデマンドでフロントアクスルに400ps以上の出力を供給する。

TAG
SHARE ON