乗り物
2016/11/11 6:00

これが噂のフィットSUV! ホンダが新型「WR-V」をサンパウロモーターショーで初披露

ホンダのブラジルにおける四輪子会社であるホンダオートモーベイス・ド・ブラジル・リミターダは、11月8日に開幕したサンパウロ国際モーターショー2016にて、南米市場向けの新型コンパクトSUV「WR-V」を初披露した。

20161110_y-koba_LB2_01_R

車名はWinsome Runabout Vehicleの略称。南米のユーザーニーズにもとづき、ホンダR&Dブラジルで開発されたWR-Vは、タフでありながら都会的なSUVデザインと高いユーティリティ、広い室内空間をコンパクトボディで実現。さらに、優れた燃費性能と安定したハンドリング性能を兼ね備えており、日常生活からレジャーまで、アクティブなライフスタイルに応えるという。

 

ホンダの八郷隆弘社長は次のようなコメントを発表している。

 

「ホンダは1971年にブラジルで事業をはじめて以来、二輪、四輪、汎用製品合わせて2400万人のお客様に支えられてまいりました。WR-Vの投入は南米市場へのさらなるコミットメントの証であり、今後もお客様に喜ばれるホンダらしい商品をお届けしてまいります」。

 

新型WR-Vは、ブラジルでは2017年前半に発売される予定である。

TAG
SHARE ON