乗り物
2016/11/11 21:00

開閉時間は世界最短!? リトラクタブルルーフ搭載のマツダ「ロードスターRF」は324万円から

11月10日、マツダはロードスターをベースに電動格納式ルーフを採用した追加車種「マツダ ロードスター RF」を発表した。同日より予約受付が開始され、12月22日に発売される。

20161111_y-koba_LB2_01_R

ロードスターRFはルーフから車両後端までなだらかに傾斜するファストバックスタイルとされ、頭上のルーフパネルのみが開閉される構造を採る。キャビン後方に垂直に設置されたリアウインドーも開閉可能となっており、オープン時に連動する機構も採用されている。

20161111_y-koba_LB2_02_R

ルーフの開閉に要する時間はマツダによれば世界最短という13秒。ラゲッジスペースの容量はソフトトップモデルとほぼ同等の127リッターが確保されており、航空機内への持ち込みが可能なキャリーオンバッグ(55×40×25cm以内)ふたつを収納できるとのことだ。

20161111_y-koba_LB2_03_R

グレード展開は標準モデルの“S”、装備レベルを上げた“VS”、スポーティ仕様の“RS”の3タイプ。VSではオーバーン(赤褐色)のナッパレザーシートを、RSではブラックのアルカンターラをベースに赤のアクセントを施したナッパレザーをあしらったRECARO社製シートを標準装備する。また、VSにはピアノブラックルーフ、RSにはBrembo社製ブレーキをオプションで選択できる。

 

エンジンは全モデルが158ps(116kW)/200Nmを発生するSKYACTIV2.0リッターで、トランスミッションはSとVSが6速MTまたは6速AT、RSが6速MTのみとの組み合わせとなる。価格はS 6速MTが324万円、VS 6速MTが357万4800円、RSが373万6800円で、6速ATはそれぞれ2万1600円高。

 

スペックや価格など、より詳しい情報はこちら

http://www.mazda.co.jp

TAG
SHARE ON