乗り物
2016/11/17 6:00

日本初! VWが3年間のタイヤパンク補償サービスを導入

11月15日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンはフォルクスワーゲン正規販売店にて、新品タイヤに付帯する補償サービスとしては日本初となるパンク損害の補償サービス「Volkswagen タイヤパンク補償サービス」を導入したことを発表した。

20161116_y-koba_LB1_01_R

このサービスでは、フォルクスワーゲン正規販売店で新品タイヤを購入または交換したフォルクスワーゲン車オーナーに無料で自動付帯し、タイヤ購入から3年間、釘踏み、いたずら、縁石乗り上げに起因してタイヤのパンクが発生した場合、タイヤ交換費用を補償するというもの。

20161116_y-koba_LB1_02

補償内容はサービス開始からの期間によって変わり、最初の1年間はパンクしたタイヤと同一銘柄のタイヤを無償提供するとともに、交換作業を無料で実施。2年目はタイヤ代金の50%、3年目は25%が補償され、交換作業は引き続き無料で行なわれる。サービスの適用は、対象タイヤを装着してから3年または走行距離4万5000kmを超過した時点で終了となる。

 

サービスの詳細については、公式ウェブサイトなどでご確認を。