乗り物
2016/11/18 20:00

ホンダが斬新すぎるコクピットを発表! これが未来の高級車の運転席だ

ホンダは、今後高級ブランドの「アキュラ」車に採用してゆくコックピット「アキュラ  プレシジョン コクピット」を、ロサンゼルスオートショー2016の場で初公開した。

 

次世代のタッチパッドをベースとしたインターフェイスに、新しいオペレーションシステムを搭載し、スポーティなデザインで表現されたアキュラ プレシジョンコックピットは、アクティブセーフティやドライバー支援システムといった先進技術の標準装備化を推進するためのものだという。

20161118_y-koba_LB1_02_R

ステアリングホイールやドライブモードのダイヤルなどのデザインは、先にデビューした新型NSXのそれにインスピレーションを得たデザインを採用している。またブラッシュドメタルやリアルウッド、レザー、アルカンターラなどの素材が用いられ、プレミアムな雰囲気を発散する。

メーターパネルに12.3インチの高解像度ディスプレイを搭載したほか、タッチパッド式のセンターパネル・ディスプレイを採用。タッチパッドは人間工学に基づいた配置や操作性となっている。

 

メーターパネルには自車周辺の車両や歩行者をリアルタイムに表示、ドライバーの安全運転をサポートする各種先進技術の作動状況を確認できる。このディスプレイの搭載などによって、部分自動運転時もドライバーは安心して走行をクルマに任せられるようになっている。

 

なおアキュラが推進するこの次世代コックピットは、数年後には市販車に導入される予定という。

TAG
SHARE ON