乗り物
2016/12/16 6:00

フェラーリ新型「J50」の“J”は“JAPAN”! 日本上陸50周年を記念した超レアモデルが世界初披露!!

12月13日、フェラーリは同ブランドの日本進出50周年記念式典において、フェラーリ・イン・ジャパン50周年記念特別限定モデルの「フェラーリJ50」を発表した。フェラーリのスペシャルプロジェクト部門によって開発され、フェラーリ・スタイリングセンターによって設計されたミッドシップモデルで、生産数はわずか10台。すべてがオーナーのリクエストに合わせ、テーラーメイドで仕上げられるという。

20161215_LB3_01_R3
スタイリングをご覧になれば分かる通り、ベースとなったのは488スパイダー。したがって3.9リッターV8エンジンは共通だが、20ps増の690psに高められた特別仕様となっている。

 

全面的に手が加えられたボディワークは、高さを抑えたウインドースクリーン上端から後方に向かって下降するサイドウインドーのカットラインと、低く抑えられたノーズからドア後方まで立ち上がっていく黒いウェッジラインによってローフォルムを強調。このウインドーグラフィックは、1950年代にまでさかのぼるオープンコンペティション・バルケッタをモチーフにしているという。
20161215_LB3_02_R3

エンジンカバーは透明ポリカーボネート製で、乗員の頭部を保護するセパレートタイプのロールフープへと視覚的に延長させるために左右が隆起した形状を採用している。そのロールフープをつなぐブリッジとしてエアロフォイルを装着することで、1960年代のスポーツプロトタイプ・フェラーリを再現しているとのことだ。

 

キャビンでは、リアのエンジンフードのアウトラインデザインを採用したスポーツシートを採用。また、カーボンファイバー製のタルガトップは、シート後方に収納可能な2分割式とされている。

TAG
SHARE ON