雑貨・日用品
2018/8/8 17:30

アウトドアファン必携! ガス、火、電気ナシで美味しい食事が作れる圧力鍋「サポット」

キャンプにバーベキューなど、夏はアウトドアに絶好のシーズン。アウトドアグッズは多数展開されているので、どのアイテムを入手すべきか迷っている人も多いのでないだろうか。現在クラウドファンディングサイトMakuakeでは、驚きの機能を搭載した「圧力鍋」の支援プロジェクトが展開されている。

出典画像:「ガスも電気もなしで料理ができる圧力鍋!? 「SUR’POT」アウトドアや災害時に。」Makuakeより

 

アウトドアに大活躍する“魔法の鍋”

今回製作される「SUR’POT」(サポット)は、なんと電気・ガス・火を一切使わずにお米が炊ける驚きのアイテムだ。パッと見た感じでは「ビビットカラーのスタイリッシュな鍋」という印象だが、実は内部の構造に仕掛けが満載。

 

同アイテムは「外なべ」「内なべ」「ふた」の3パーツに分かれており、「ふた」を開けると「外なべ」の中に「内なべ」がスッポリはまっている。「内なべ」は「外なべ」の底には達しないほどのサイズ感なので、鍋の内部に2つの層が生まれることに。食材を「内なべ」に投入して、発熱剤の入った「外なべ」部分に水を注いで使用するのが「サポット」のユニークなポイント。

 

「発熱剤と水」という組み合わせを聞いてもピンとこないかもしれないが、紐を引っ張るとアツアツになる駅弁と原理は同じだ。通常ならば弁当を温めるくらいの熱量にしかならないが、同アイテムには独自技術をとり入れたオリジナルの圧力システムを搭載。発熱剤から出る熱を無駄なく食材に伝えてくれるので、ホカホカに炊きあがったご飯の味を存分に楽しもう!

 

加熱時間の早さと保温性の高さも魅力

出典画像:「ガスも電気もなしで料理ができる圧力鍋!? 「SUR’POT」アウトドアや災害時に。」Makuakeより

 

鍋を使って美味しい食事を楽しむには「加熱時間」と「保温性」が重要だが、「サポット」はどちらの要素も満遍なくフォローしてくれる。火やガスを一切使わないにも関わらず、たった10分あれば1リットルの水を80度以上の温度まで温めることが可能。調理開始から1時間が経過しても90度以上の熱をキープできるため、ウィンスタースポーツや登山時だけでなく災害時にも活躍間違いナシだ。

 

「サポット」はアウトドア好きのハートを見事にキャッチしたようで、ネット上には「夏フェス必携のアイテムじゃん! テント泊する時にあったらめちゃめちゃ便利だと思う」「ガスどころか火も使わないっていうのが革命的でしょ!」といった期待の声が続出。ご飯を炊くだけでなく「カレー」や「蒸しパンケーキ」まで自由に作れるため、アウトドア時に同アイテムがあれば調理の幅がグッと広がるはず。気になる人は、ぜひ支援を検討してみては?