雑貨・日用品
2019/5/17 21:00

重い、涼しい、気持ちいい! 3拍子そろった夏向け「ウェイトブランケット」がクラウドで大人気

北米でここ数年、注目が高まっているのがズッシリと重さを加えられた掛け布団「ウェイトブランケット」です。眠れない夜の友として多くの人たちに愛されるようになりました。例えば、プレミアム素材でできた「Gravity」が昨年、Kickstarterで大人気を集めたというケースがあります。

 

布団を被ればまるで誰かに抱きしめられているかのように、ギュッと身体に重みが加わる。想像すると確かに気持ちよさそうですが、身体に重みを加えることで不安やストレス、不眠症の改善につながるという研究結果も出されており、まだ新しい研究分野ながらも期待が集まっている市場なんです。

 

そんななか、現在Indiegogoで人気を集めているのが、カナダのメーカー「Hush Blanckets」の新作ウェイトブランケット。従来製品に「涼しさ」という新しい要素を加えて評判を呼んでいます。

ウェイトブランケットの弱点のひとつは、熱い夏に使うと汗をかいてしまい、ずっと布団に抱きしめられるのが辛くなること。そんな問題に取り組んだのが新作の「Hush Iced」であり、Indiegogoでは既に6300人以上が予約購入し、1億円以上を集めています。「届くのが待ちきれない! いま持っているウェイトブランケットは暑すぎるし、私は寝るとすぐに熱くなる体質なの!」と、あるバッカ―は述べています。

 

涼しさの秘密は布団のカバーにあるようです。Hushの通常のウェイトブランケットは特殊な糸のかけ方と長を分散させる先進技術を使っていますが、Hush Icedは通常版よりも薄いうえ、冷やりとした感触が特徴の竹と綿をブレンドした生地を使用。ただ冷たいだけでなく、ウルトラソフトな肌触りと高い伸縮性も特徴です。「そんな表面で本当に涼しくなるのか?」と不安になりますが、100日以内であれば返金保証を約束していますので、気軽に試してみることができます。

 

Hush Icedは、深く重みを感じる刺激を受けることで、睡眠やリラックス、気分、記憶、学習に影響するセラトニンが上昇する仕組み。「セラトニンは自然にメラトニンへと変換され、身体の休息を促す」一方、血圧やメタボリズムとつながるストレスホルモンのコルチゾールを減らすと開発者たちは説明しています。

価格はスタンダードサイズ(48×78インチ)が一つ約1万6000円(配送料別)、クイーンサイズ(60×80インチ)は購入後に約2200円ほどを支払ってキングサイズにアップグレードができるとのこと。ユーザーの体重に応じてブランケットの重さを決めるのがよいそうで、体重が45~77kgの間の人は約6.8kgのブランケットを、78~108kgは9kg、109kg以上は11kgがおすすめ。クイーンサイズとキングサイズを購入した人のみ注文後にサイズと重さを選べるようです。配送予定は今年の7月予定。

ある海外メディアは「Hush Icedがウェイトブランケットの最大の問題を解決する」と取り上げています。重い、涼しい、気持ちいいの3拍子そろったHush Icedが、ウェイトブランケットの人気をさらに高めるのでしょうか? 注目ですね。