雑貨・日用品
キッチン用品
2019/11/15 11:00

フレンチプレスのコーヒーメーカーっておしゃれなデザインが多いよね? インテリアにも映える5選

コーヒーを淹れる方法といえばペーパードリップや水出し、直火式エスプレッソなどがありますが、そのほかにも定番なのが「フレンチプレス」です。金属やシリコンなどのフィルターで豆を濾すフレンチプレスは、コーヒーオイルまで余すことなく抽出できるのが特徴。

 

また、豆とお湯の分量をきっちり守ればおいしいコーヒーが淹れられるのも特徴です。そこで今回は、コーヒーを手軽においしく淹れられる人気のフレンチプレスコーヒーメーカー5選を紹介します。

 

目次

 


スペシャリティコーヒーを味わうのにぴったり


ボダム KENYA 500ml 10683-01J


 


 

「ボダム KENYA 500ml 10683-01J」は、シンプルモダンなデザインが、根強い人気のフレンチプレスコーヒーメーカーです。お湯の量と豆の量さえ合わせれば、家庭でプロの抽出を再現。使い方はとっても簡単で、分量をはかりお湯を注ぎ、4分間抽出したらできあがり。ペーパーフィルターやコーヒーカプセルは必要ありません。

 

コーヒー豆そのものの特徴を最大限に引き出し、豆本来の味を味わうことができます。フィルターにはステレンス製のメッシュフィルターを採用。コーヒー豆の旨みや香り、豆の油分(コーヒーオイル)を抽出できるので、豆の中でも最高品質を誇り、香りや風味が際立ったスペシャルティコーヒーを味わうのにぴったりです。

【詳細情報】
サイズ:15×14.5×11cm
重量:0.37kg

 


シリコン製フィルターで粉っぽさゼロのコーヒーが淹れられる


HARIO (ハリオ)カフェプレス スリムS CPSS-2


 


 

「HARIO (ハリオ)カフェプレス スリムS CPSS-2」は、通常のフレンチプレスコーヒーメーカーと同様、粗挽きのコーヒー粉を入れ、全体が湿る程度にお湯を注ぎ約1分程蒸らします。ポイントは、蒸らす時間が長い程コクと旨味が出ること。自分の好みに合わせて蒸らし時間を選ぶといいでしょう。この方法でペーパードリップとは違うコーヒーライフが楽しめます。

 

ユーザーからは「240ml=普通のマグカップ1杯分が簡単に淹れられるのが◎」「プレスを試したいけど粉っぽいコーヒーが苦手という方の入門にはピッタリの商品だと思う」「シリコン製のフィルターが優秀で、カップ側に粉がほとんど入らないのがありがたい」との声も。

【詳細情報】
サイズ:11.3×7.8×17.2cm
重量:205g
カラー:ブラック・レッド

 


コーヒーだけでなくお茶も淹れられる


ヨシカワ(Yoshikawa) コーヒープレス&ティーサーバー 750ml SJ2226


 


 

「ヨシカワ(Yoshikawa) コーヒープレス&ティーサーバー 750ml SJ2226」は、コーヒー豆の旨みや香りが多く含まれるコーヒーオイルをしっかりと抽出できる商品です。またコーヒーのほかに、お茶にも使用可能。ティーリーフがガラス容器内で動きながら抽出されるので、紅茶葉の豊かな味わいが楽しめます。紅茶以外にハーブティーやウーロン茶に使っても◎。ユーザーからは「値段と品質のバランスがとても良いと思います」「これ以外でおいしいコーヒーは淹れられないというくらい気に入っています」という声も。

【詳細情報】
サイズ:21×14×9cm
重量(約):0.34kg

 


オフィスやアウトドアでもおいしいコーヒーを


ボダム TRAVEL PRESS SET 350ml K11067-01


 


 

「BODUM ボダム TRAVEL PRESS SET 350ml K11067-01」は持ち運び可能なタンブラーに、フレンチプレスコーヒーメーカーと同じフィルターがついており、外出先でもお湯の量と豆の量さえ合わせれば、簡単においしいコーヒーが淹れられます。ステンレス製の本体は二層構造になっているので、保温性にも優れているのも◎。

 

フィルターのついていないリッド(蓋)が付属しているので、リッドを交換すればタンブラーとしても使用できます。ただし、完全密封ではないので、バッグにいれたり横にするのはNG。ユーザーからは「会社で使用するために購入しました。ドリップコーヒーと比べて抜群に美味しいコーヒーが飲めるのですごく気に入っています」との声も。

【詳細情報】
サイズ:18.5×8×9cm
重量(約):400g

 


マグカップ式でそのまま飲める


貝印 コーヒープレス マグ FP5154


 


 

「貝印 コーヒープレス マグ FP5154」は、プレス後に水分が混ざらない機構のため、時間が経っても同じ濃さのまま美味しく飲めるプレスポット。マグカップ式でプレス後、そのまま飲めるので、アウトドアやオフィスにも最適。一般的な製品と違い、フィルター部を棒で押すタイプではなく、内容器と外容器に分かれているのも特徴です。内容器の底にフィルターがついていて、外容器にコーヒー粉とお湯を入れたあと、内容器を入れて押し下げるという仕組み。ユーザーからは「コーヒー粉からはえぐみが通らず、安いコーヒーでも、ワンランク上に感じます」と好評。

【詳細情報】
サイズ:12×13.5×9.8cm
重量(発送):299g

目次に戻る