雑貨・日用品
2020/4/14 22:00

文字通り、かゆい所に手が届く! 1本で背中まで余裕で洗えちゃう「全身用ボディブラシ」5選!

背中など手の届きにくい体の部位を洗うのに、とっても便利なボディブラシ。ボディタオルやスポンジよりも背中の汚れや角質がしっかり落ち、背中ニキビの予防にもなるともいわれています。

 

また、使い続けることで肌の血行を改善し、むくみや冷えを抑えるなどの美容効果も期待できますが、素材や大きさなどによって使い心地が変わるため、自分に合った商品選びが大切です。ということで今回は身体の汚れをスッキリ落とす、人気のボディブラシを紹介します。

 

目次

 


背中や足裏もしっかり洗えるロングタイプ


IRETION ボディブラシ ロングタイプ(ホワイト)


 

 

ほどよい弾力のあるソフトなブラシ素材を採用したボディブラシ。肌への負担が軽減され、細かい汚れや角質をしっかり落とし、みずみずしい健康な肌をつくります。植毛は泡立ちの良いウェーブ加工を施し、ブラシのマッサージ効果も期待できます。

 

適度なカーブのついた柄はロングタイプなので、通常のブラシやタオルでは届きにくい箇所も楽な姿勢で洗える点も◎。背中、足裏のかゆみを抑え、これまで洗い足りないと思っていたところまでスッキリの気持ち良さです。柄の端についたヒモはタオルフックなどに引っ掛けることができ、使用しない時にも場所を取りません。

【詳細情報】
サイズ:約7×36×3cm
重量:約175g
カラー:ホワイト・グレー・ピンク・ブルー

 


柔らかい馬毛が特徴のボディブラシ


オーエ ボディブラシ ヒノキ馬毛


 


 

日常のさまざまなシーンを彩る生活雑貨メーカー「オーエ」のボディブラシ。豚毛よりもソフトな馬毛を使用。水に強いヒノキ材にやわらかな馬毛を組み合わせ、素肌をやさしく健康的にリフレッシュします。流線形に握りやすいカタチに加え、上質素材を使用しているので、最近流行のドライブラッシング(乾布摩擦)にもオススメ。柄のヒノキは香りも良いため、お風呂のリラックスタイムにピッタリです。ナイロンタオルだとうまく洗えないような背中用に購入している人も多く、毛の堅さもちょうどよくて、まさに文字通りかゆいところに手が届くアイテムです。

【詳細情報】
サイズ:7.5×35×4cm
重量:115g

 


ブラシ面が大きくマッサージにも使える


Wisan ボディブラシ(ホワイト)


 

 

ブラシ面が大きく、全身をマッサージしながら洗える大きめのボディブラシ。持ち手が長いので背中や足の裏など、洗うのにひと苦労だった箇所にもラクに届きます。握り心地もよく、滑り止めもあり、握りやすく洗いやすいです。ヘッド部分のナイロン毛は動物の毛よりも衛生的で耐久性と弾力性があって、高品質で柔らかい肌あたりです。全身、特に背中の肌をよく刺激してくれるため、血行促進の効果もあり、マッサージをしているような気分になります。溜まった疲れも取れそうですね。

【詳細情報】
サイズ:37×8cm
重量:240g(※発送時)

 


柔らかいシリコンを採用


Pretty See ボディブラシ グリーン


 

 

100%ボディーセーフ、無臭、耐久性のある最高品質のシリコンを採用したボディブラシ。防水機能を持つシリコンなので、バスルームでも長持ちします。余分な角質・背中の汚れ・角質・老廃物を取り、ワントーン明るく柔らかな肌に導き、背中もソフトタッチで汚れをブラッシングできます。後部凸状顆粒は、頭皮とボディマッサージに使え、筋肉をリラックスさせたり、血行を良くするなどの効果も。38cmの長い持ち手は握りやすく洗いやすい仕様で、楽々背中まで洗えます。柔らかい素材で泡立ちが良く、毛穴の皮脂や汚れをきれいに落としてツルツルな美肌を作ります。

【詳細情報】
重量:222g(※発送時)
カラー:グリーン・ピンク・ブルー

 


1本で2通りの使い方ができるボディマッサージブラシ


ニールズヤードレメディーズ ボディマッサージブラシ


 


 

イギリス生まれのビューティブランド「ニールズヤードレメディーズ」の、マッサージ初心者でも効果的にマッサージができて、ボディラインを整えるマッサージブラシ。1本で2通りの使い方ができて、手が疲れることなく簡単にマッサージができます。木製突起面はボディオイルを塗ってからマッサージするとすべりが良く、肌に負担をかけません。特に同ブランドのボディオイルがオススメですよ。お風呂上がりの体が温まった時に行うとより効果がアップします。天然毛ブラシ面は、入浴前のスキンブラッシングに使うと体が温まり、代謝が上がります。朝起きたときにもおすすめです。

【詳細情報】
サイズ:6.5×6×22.5cm
重量:114g

 

目次に戻る

TAG
SHARE ON