雑貨・日用品
2021/7/2 19:00

おうちでもアウトドアでも使える「直火式ホットサンドメーカー」5選

いつものトーストをホットサンドに変えるだけで、特別な1日になったような気がしませんか? 直火式のホットサンドメーカーには、家に置いてあるだけで”映える”見た目のものや、具材がはみ出しにくい構造のもの、焼きムラがあまりなくきれいに焼けるものなどたくさんあります。おうちの中で使うのはもちろん、アウトドアでも使いたくなるホットサンドメーカー5つを紹介します。

 

目次

 


具材がはみ出しにくく食パンの耳もサクサクに


Vsadey ホットサンドメーカー

食パンの耳の内側をプレスするタイプのホットサンドメーカー。食パンの耳が直接当たらないので、耳が固くなりにくくサクサクでおいしいホットサンドが作れます。また、食パンの耳の内側をプレスしているため、具材がはみ出しにくく食べやすいのも特徴。本体は熱伝導に優れたアルミ製。汚れが落ちやすいフッ素樹脂加工になっているため、やわらかいスポンジで汚れを簡単に落とすことができます。またこの商品は上下分離型なので、ミニフライパンとしても使用可能です。

【詳細情報】
サイズ:14×35×3.5cm
重量:680g

 


幅広がうれしい”映える”ルックス


LAVA ホットサンドクッカー 62523

横幅が26cmあるため、食パンなら2枚、イングリッシュマフィンなら3枚並べて同時に焼くことができます。バゲットやカンパーニュなどを使ったダイナミックなホットサンドも調理OK。ストライプの焼き目もおいしさのアクセントになります。シンプルな見た目ながら、使い方次第でバリエーションが広がるホットサンドメーカーです。

【詳細情報】
サイズ:26×41.5×3cm
重量:3kg

 


2種類同時に作れるダブルタイプ


イタリア商事 ホットサンドメーカー バウルー ダブル

中央に仕切りのあるダブルタイプ。パンの耳に加え、真ん中の「溝部分」もこんがりと、そしてパリっと焼けます。具材が真ん中で分断されるため、溝部分に包丁を入れて切り分けると、具材がこぼれる心配がないので、カレーやシチューなどを挟んだホットサンドも調理可能。また、中央に仕切りがあると、2種類の料理を同時に作ることもできます。本体はフッ素加工されているため、お手入れ簡単。

【詳細情報】
サイズ:14.5×35×3.7cm
重量:420g

 


程良くこんがりきれいに焼ける一品


i-WANO ホットサンドメーカー JP

2枚構成のホットサンドメーカーは、上面にオシャレなロゴマークが入っており、トーストに焼き目をつけることができます。内側にはフッ素樹脂加工が施され、具材がこびりつきにくく溶けたチーズなども簡単にはがせます。ガス火・直火・炭火に対応しており、アウトドアでも使用可能(IH非対応)。本体は丸洗い可能。新潟・燕三条で一貫生産された日本製です。

 

【詳細情報】
サイズ:37×16.5cm
重量:860g

 


圧力鍋の原理に基づき具材をおいしく調理


Purebeaty ダブル ホットサンドメーカー

圧力鍋の原理に基づいて設計された商品。具材を完全に密封し栄養価の高い状態を保つので、具材をより健康的においしく食べられます。鍋の内層はダイヤモンド浸透技術を採用し、外層はサンドブラストセラミックの非粘着層を採用。熱伝導はとても良好で、お手入れも簡単です。目を惹く赤色でかわいらしい外観もポイント。

【詳細情報】
サイズ:28×42.5cm

 

目次に戻る

TAG
SHARE ON