ニュース

3種類の金属外装が選べるコンパクトな大口径準広角レンズ「NOKTON Vintage Line 35mm F1.5 Aspherical VM」

コシナは、ファクトレンダーのライカMマウント互換VMマウントの大口径準広角MFレンズ「NOKTON Vintage Line 35mm F1.5 Aspherical」を2022年11月に発売する。外装と色が異なる3種類の製品があり、Type Iの希望小売価格は121,000円 (税込)、Type II (ブラックペイントとシルバー) は132,000円 (税込)となっている。

<2022.11.10> 発売日が2022年11月24日に決定。

NOKTON Vintage Line 35mm F1.5 Aspherical VM
NOKTON Vintage Line 35mm F1.5 Aspherical Type I

■大口径でありながらコンパクト

開放F値がF1.5以上の明るいレンズであることを示す「NOKTON (ノクトン)」の名を持つ本製品は、フルサイズセンサー対応の大口径レンズでありながら、フィルター径が39mmと小さく、全長も36mmとコンパクト。両面非球面レンズ2枚を含む6群9枚のレンズ構成を持ち、絞り開放から優れた光学性能を発揮する。

NOKTON Vintage Line 35mm F1.5 Aspherical VM
NOKTON Vintage Line 35mm F1.5 Aspherical Type II シルバー

■素材と質感が異なる3種類の金属外装

「NOKTON Vintage Line 35mm F1.5 Aspherical」には、外装に使用される素材が異なるType IとType IIがある。デザインとサイズは同じだが、Type Iはアルミ製で188gと軽量。マットブラック塗装が施される。Type IIは真鍮製で284gと適度な重量がある。さらに、Type IIはブラック塗装とシルバー塗装の2タイプが用意される。

NOKTON Vintage Line 35mm F1.5 Aspherical VM
NOKTON Vintage Line 35mm F1.5 Aspherical Type II ブラックペイント

■最短撮影距離は0.5m

本製品のマウントには、ライカMマウントと互換性のあるバヨネット式のVMマウントを採用。レンジファインダーカメラのライカMシリーズに装着できる。このときカメラの距離計に連動するが、通常、距離計に連動するのは0.7m以上。レンズの最短撮影距離は0.5mなので、0.5〜0.7mの距離では、デジタルカメラのライブビュー機能を使ってピントを合わせる必要がある。なお、フードは円形と角型があり、いずれも別売り。

フォクトレンダー NOKTON Vintage Line 35mm F1.5 Aspherical 主な仕様

カラー
Type I : マットブラックペイント
Type II : ブラックペイント、シルバー
マウント VMマウント (ライカMマウント互換)
フォーカス マニュアルフォーカス (MF)
焦点距離 35mm
開放絞り F1.5
最小絞り F16
レンズ構成 6群9枚 (両面非球面レンズ2枚)
画角 61.7°
絞り羽根枚数 12枚
最短撮影距離 0.5m
距離計連動範囲 ∞〜0.7m (カメラにより異なる)
フィルター径 φ39mm
最大径×全長 φ53×36mm
質量 188g (Type I)、284g (Type II)