ニュース

コンパクトな“寄れる”超広角ズームレンズ「LAOWA 12-24mm F5.6 ZOOM」

サイトロンジャパンは、LAOWA (ラオワ) の超広角ズームレンズ「12-24mm F5.6 ZOOM」を2022年11月4日に発売した。対応マウントは、ライカM、キヤノンRF、ニコンZ、ソニーE。価格はオープン。参考価格は132,000円 (税込)、ライカMマウントのみ参考価格は141,900円 (税込)。

LAOWA 12-24mm F5.6 ZOOM
※レンズの画像はすべてライカMマウント用

 

「12-24mm F5.6 ZOOM」は、フルサイズ対応の超広角ズームレンズ。電子接点を持たないMFタイプのレンズで、開放F値がズーム全域でF5.6固定なのが特徴。キヤノンRF、ニコンZ、ソニーEの3種のミラーレスカメラ用とライカMマウント用がある。ミラーレスカメラ用はフォーカスリングがレンズ先端寄りに、絞りリングがマウント側に設けられている。

LAOWA 12-24mm F5.6 ZOOM

 

レンズ構成は11群15枚。色収差の補正に効果のあるEDレンズを3枚、歪曲収差や球面収差を補正する非球面レンズ2枚を使用する。超広角レンズで問題となるディストーションを最小限に抑え、直線で構成される建築物やインテリアを撮っても違和感のない描写が得られる。

LAOWA 12-24mm F5.6 ZOOM

 

最短撮影距離が15cmと非常に短い点もこのレンズの大きな特徴。被写体に近づき、遠近感を強調した表現を行うことができる。また、絞り羽根は5枚構成で、光源を撮影した場合、美しい10本の光条が出る。

LAOWA 12-24mm F5.6 ZOOM
近接撮影した作例

 

本製品は、開放F値がF5.6と控えめなこともあり、12-24mm超広角ズームレンズ市場の中では非常にコンパクトで、軽量となっている。このクラスの超広角ズームレンズの多くはフロントフィルターを付けられないが、このレンズは専用の円形フードの先端に77mm径のフィルターを取り付けることができる。

LAOWA 12-24mm F5.6 ZOOM

 

レンズ面には、撥水・防塵効果のあるコーティング「フロッグアイ」が施されており。従来のコーティングよりレンズの保護効果が高い。

LAOWA 12-24mm F5.6 ZOOM 主な仕様

マウント ライカM、キヤノンRF、ニコンZ、ソニーE
対応フォーマット 35mmフルサイズ
フォーカス マニュアルフォーカス
焦点距離 12〜24mm
開放絞り F5.6
最小絞り F22
レンズ構成 11群15枚 (非球面レンズ2枚、EDレンズ3枚)
画角 84°〜121.9°
絞り羽根枚数 5枚
最短撮影距離 15cm
最大撮影倍率 0.4倍
フィルター径 φ77mm (フード使用時)
最大径×長さ φ69.4×84mm (ライカMマウントの数値)
質量 約497g (ライカMマウントの数値)
付属品 レンズフード、レンズキャップ