ビジネス
クレカ
2020/8/26 17:30

優待特典が発想からして違う! 時代の一歩先行く「ラグジュアリーカード」の新施策とは?

クレジットカードを持つうえで重視する人も多いのが「付帯サービス」。手厚い旅行保険や空港ラウンジ利用などT&E(トラベル&エンターテインメント)系のサービスをウリにしたカードは珍しくありませんが、この度、ラグジュアリーカードが“会員同士のコミュニティ”を活かした新しい施策を発表しました。

 

↑持っているだけでステータス感のあるラグジュアリーカード

 

自社商品・サービスを全会員向けに提供できる

ラグジュアリーカード(以下、LC)は、現会員の6割近くが経営者、会社役員、自営業という特色を持ったカード。そのような会員特性を生かし、新たに提供されるのが自社の商品・サービスを全国のLC会員向けに広くアプローチできるサービス。LCコミュニティ内でニッチな経済圏が動くことに加え、オーナー間のコラボレーションの可能性を生むなど、会員保有のビジネスを循環・醸成することを目的としています。

 

↑本施策での自社ビジネスの提供は、LC法人決済用Mastercard Gold Cardを契約中の会員が対象。2020年8月末以降に受付開始予定で、所定の審査を通過したサービスは会員優待として順次実施される

 

法人でない通常会員も特別優待を受けられる!

提供された優待サービスは、法人・個人に関わらず、すべてのLC会員が利用できます。昨年末に実施された本施策のβ版では、以下のような企業オーナーが参加し、会員優待を提供しました。

・某日本酒販売EC企業

・某食品輸入販売代理店

・某都内高級ホテル

・某モバイル翻訳アプリ企業

・某名古屋拠点オーダーメイド製品企業

このように、ほかにはない幅広いジャンルの特典やサービスが提供されるうえ、地方で利用できる優待のバリエーション増も期待できる「相互利益型」のサービスとなっています。この施策が加速していくことで、よりオリジナリティと希少性のある会員優待が期待できるのです。

 

日常でも非日常でも、LCを持つメリットをさらに実感できる!

今回紹介した新しい施策以外にも、LCにはトラベルからグルメ、おうち時間まで、まさに“ラグジュアリー”な体験を実現するコンテンツが充実。コロナ禍においても収束したあとでも、あらゆるシーンでその魅力を体感できます。

 

↑ラグジュアリーカードはゴールドカード、ブラックカード、チタンカードの3種類が発行されており、最上位のゴールドカードには24金コーティングが施されている

 

ラグジュアリーカード

Mastercard Titanium Card(チタンカード)

年会費 5万円(税別)

還元率 1%

Mastercard Black Card(ブラックカード)

年会費 10万円(税別)

還元率 1.25%

Mastercard Gold Card(ゴールドカード) ※:招待制

年会費 20万円(税別)

還元率 1.5%

 

【主な付帯サービス】

コンシェルジュ/グローバルホテル優待/空港ラウンジ/ソーシャルアワー(ワインのテイスティングイベント)/リムジンサービス/国立美術館の無料鑑賞/全国映画館優待/名門ゴルフ場優待・予約サービス/会員制パーソナルトレーニング動画etc.

 

Mastercard最上位クラスのラグジュアリーカードにおいて、決済機能はその一面に過ぎません。独自で展開するユニークなサービスに、今後も要注目です!

TAG
SHARE ON