デジタル
パソコン
2018/2/26 17:00

“3種の高速化”で時間を生み出す魅惑の進化を遂げた! 新レッツノートCF-SV7は時短力が違う!

写真や音楽、動画などコンテンツが大容量化した昨今、データ編集はもちろん、移動やバックアップといった管理でも時間を取られがちになってきた。そこで求められるのが“時短力”だ。「レッツノート CF-SV7」なら余計な待ち時間をカットできる!

 

 

12.1型のモバイル機に新世代の“時短力”を凝縮

新世代CPUの搭載が進み、基本性能が大きく向上した冬春モデルPC。なかでも一際目を引くのが、軽量でありながら、十分な頑丈さと処理能力を合わせ持ったモバイルPC・レッツノート CFーSV7だ。本機の“時短力”は、日常のあらゆる場面で、ストレスを軽減してくれる。

 

アプリケーションが多機能化し、扱うデータが大容量化している現在では、貧弱なスペックのPCでは、処理時間が肥大化しがち。また、セキュリティが重要なビジネスシーンで使うなら、ID認証は必須だが、いちいちパスワードなどを入力する時間と手間の積み重ねは、無視できないロスとなる。

 

そんななかCFーSV7は、CPUに第8世代のインテルR Core(TM)プロセッサーを搭載し、新世代のインターフェース規格“Thunderbolt(TM) 3”対応することで、高速処理・高速転送を実現。また、顔認証でのサインインにも対応しており、様々なシーンで“時短”が可能だ。

 

 

CF-SV7の「時短力」、ヒミツはこの“3種の高速化”にアリ!

●高速化1
クアッドコアCPU&新型ファンによる高負荷でも安定した〔高速処理〕

処理性能アップに重要なのは、やはり“CPU”。本機は、従来の同クラス製品に比べてコア数が増加したクアッドコア仕様のインテルR Core(TM)プロセッサーを採用。5年前のモデルと比べて処理性能が約2.4倍(※1)になっている。また、新開発の冷却ファンを搭載することで、高負荷でも高い処理性能を維持できる設計を採用した点も見逃せない。

 

キャプチャ

CPUは高温になると処理性能が低下する。本機は、冷却効率が高いファンを備え、高いパフォーマンスを維持できる。

 

20180220letsnote_36-37実36-4
↑ブレードの枚数増加や放熱フィン形状の最適化で、CPUを効率的に冷却できるファンを新開発

 

【こんな場面で時短!】
クアッドコアCPUでサクサク動画編集
20180220letsnote_36-37実1

各種作業のなかで、特にCPU性能がモノを言うのは動画編集だ。エンコードする時間は、CPUのコア数と動作周波数が大きく影響する。クアッドコアCPUの本機なら動画編集も超快適だ。

 

 

●高速化2
Windows Hello対応の顔認証でパスワード不要の〔高速サインイン〕

ビジネスシーンで、意外に時間を浪費しているのがパスワード認証だ。一度ならわずかな時間も、積み重なると膨大になる。そこで重宝するのがWindows Hello対応の顔認証。いちいちパスワードを入力する手間と時間を省くことができる。

 

①初期登録

20180220letsnote_36-37実37-2
パスワードロックを顔認証で解除するため、まずはユーザーの顔を登録する。

 

②認証

20180220letsnote_36-37実37-3
ロックされた状態でも、カメラがユーザーの顔を捉えれば顔認証を即実行。

 

③即復帰!

20180220letsnote_36-37実37-4
ロックが解除され、デスクトップ画面が表示される。即座に作業を再開可能だ。

 

20180220letsnote_36-37実37-5
↑ディスプレイ上部にフルHDカメラを内蔵。映し出されたユーザーの顔で素早く認証する

 

【こんな場面で時短!】
面倒な入力の手間を省いて時短化

20180220letsnote_36-37実2

ビジネスユースではセキュリティを高めるため、ちょっとした離席でもパスワードによるロックが必須。顔認証でロックを解除できる本機なら、1日何十回とあるこうした場面を省略可能だ。

 

 

●高速化3
新世代インターフェースThunderbolt(TM) 3の対応で可能になった〔高速転送〕

ストレージの大容量化に伴い、扱うデータサイズも肥大。特に動画や音楽、写真などは高画質・高音質化が進み、データのバックアップ作業なども長時間に及びがちだ。本機は、最高40Gbpsに対応する最新規格Thunderbolt(TM) 3に対応しており、USB3.0の約8倍(※2)でデータを転送可能。待ち時間を大幅にカットできる。

キャプチャ

 

20180220letsnote_36-37実37-6
↑左側面の手前にThunderbolt(TM) 3対応USB3.1 Type-Cポートを装備。対応機器であればデータ伝送は超高速だ

 

【こんな場面で時短!】
ケーブル1本で多彩な機器を接続可能

20180220letsnote_36-37実3

Thunderbolt(TM) 3の魅力は、高速転送で映像出力などにも対応し、様々な機器を接続可能なこと。ケーブル1本で外部モニターなど各種周辺機器をスムーズに接続でき、時短につながる。

 

 

CF-SV7はレッツノートならではの「軽量&頑丈」「長時間駆動」「使いやすさ」が◎

最新の技術を投入して“時短力”にこだわったCF-SV7は、従来モデルで培ってきたモバイルPCのノウハウもしっかり継承。“レッツノートならでは”の使いやすさが凝縮されている。

【使いやすさ】快適に打てるキーボード

20180220letsnote_36-37実36-5
タイプミスを抑える「リーフ型キーボード」を採用。キーストロークが深く、しっかりとした打鍵感も◎。

 

【長時間駆動】軽くてもバッテリーは長持ち

20180220letsnote_36-37実36-6
脱着&交換可能なバッテリーを採用。バッテリーパック(S)でも、約14時間駆動(SSDモデル)を実現した。

 

【軽量&頑丈】おなじみの頑丈設計を継承

20180220letsnote_36-37実36-7
ボンネット構造の天板で頑丈さを確保。76cm落下試験や100kgf加圧振動試験なども、クリアしている。

 

 

レッツノートらしく端子類も超充実!

プレゼンテーション1

 

ステレオスピーカー搭載でビデオ会議もより快適に!

20180220letsnote_36-37実37-10

キーボードの奥にステレオスピーカーを配置。音声が聴き取りやすく、Skypeを利用した会議も快適だ。

 

 

レッツノートを愛用するライターはCF-SV7をこう見た!

性能も拡張性も魅力十分!

第8世代インテルR Core(TM) プロセッサーと独自の放熱設計によってモバイルPCとは思えないほど、安定した高性能が得られます。PCオタク的にも、周辺機器と組み合わせてさらなる時短を実現できる拡張性は魅力大。メインマシンとして使える能力は十分にあります。

20180220letsnote_36-37実37-11
↑モバイルバッテリーなどから手軽に充電できるUSB PD対応はうれしい。バッテリー切れになっても、即対処可能だ

 

20180220letsnote_36-37実37-12
↑Thunderbolt(TM) 3は外付けGPUボックスを接続可能で、グラフィック処理を高速化できる。4K映像の出力なども余裕!

 

【こんなふうに使いたい!】
Thunderbolt(TM) 3とUSB PDでさらに時短!

第8世代インテルR Core(TM) プロセッサーと独自の放熱設計によってモバイルPCとは思えないほど、安定した高性能が得られます。PCオタク的にも、周辺機器と組み合わせてさらなる時短を実現できる拡張性は魅力大。メインマシンとして使える能力は十分にあります。

 

 

20180220letsnote_実P37-Akiri
PCライター・後藤 宏
パソコンを斜め上に使うオタクライター。薄軽だけにこだわらず、質実剛健さを優先するレッツノートが大のお気に入り。

 

 

パナソニック
レッツノート CF-SV7
オープン価格

12.1型モバイルノート。クアッドコアCPUを搭載するなど、パワフルなスペックが魅力だ。

 

 

新レッツノート春モデルはラインナップも充実!

脱着式2 in 1モデルや14型の大画面タイプなど、あらゆるシーンに対応できるラインナップを用意。使い方に合わせて、最適なモデルを選べる。

モビリティをとことん追求したデタッチャブルPC

20180220letsnote_36-37実36-8

パナソニック
レッツノート CF-XZ6
オープン価格

ディスプレイ側(タブレット部)が分離して、タブレットPCとしても使える2 in 1モデル。タブレット部だけなら約550g(※6)と軽量で、持ち歩きやすさは抜群。

 

コンパクト設計を実現しながら実用性も兼ね備えた名機

20180220letsnote_36-37実36-9

パナソニック
レッツノート CF-RZ6
オープン価格

ディスプレイを回転させるだけでタブレットPCになる2 in 1モデル。10.1型クラスのコンパクト設計だが充実のインターフェースで、実用性に優れる。

 

大画面設計で作業しやすいモバイル機

20180220letsnote_36-37実36-10

パナソニック
レッツノート CF-LX6
オープン価格

14型ディスプレイを採用した大きめモバイル。画面が大きく、文字が見やすいため、書類作成などの作業も快適。質量は約1.275㎏(※7)と大画面でも軽量だ。

 

 

※1:目安であり、測定条件の違いにより異なる場合があります※2:USB3.0との比較。転送速度は規格上の理論値であり、実際の転送速度を示すものではありません。実際の転送速度は、使用環境などにより変わります。Thunderbolt(TM) 3を使用するときのケーブルは、Thunderbolt(TM) 3対応の正規認証品をご使用ください。ケーブルによっては、適正なデータ転送ができない場合があります ※3:USB3.1(Gen1/2)、USB Power Delivery、Thunderbolt(TM) 3、DisplayPort(TM) Alternate Modeに対応しています。USB Type-C(TM)対応のすべての周辺機器の動作を保証するものではありません ※4:3840×2160ドット(30Hz/60Hz)、4096×2160ドット(30Hz/60Hz)表示可能 ※5:容量2GBまでのパナソニック製SDメモリーカード、容量32GBまでのパナソニック製SDHCメモリーカード、容量64GBまでのパナソニック製のSDXCメモリーカードの動作を確認済み。すべてのSD機器との動作を保証するものではありません ※6:CF-XZ6LDAPRタブレット部:内蔵バッテリー(S)の場合。質量は平均値につき、各製品で質量が異なる場合があります ※7:CF-LX6LDGQR:バッテリーパック(S)装着時。質量は平均値につき、各製品で質量が異なる場合があります

 

撮影:高原マサキ(TK.c)

 

 

商品に関する問い合わせ先

パナソニック https://panasonic.jp/cns/pc/index.html

パナソニックストアでも好評発売中(jp.store.panasonic.com/pc/

 

 

TAG
SHARE ON