デジタル
スマートフォン
2018/7/6 17:00

格安スマホで契約数No.1の「楽天モバイル」は何がスゴイのか?(提供:楽天モバイル)

 

契約数1000万を突破し、今ではお馴染みとなった「格安スマホ/格安SIM」。多くの会社からサービスが提供されていますが、どれが良いのかよく分からないあなたには、契約数No.1※ で話題の「楽天モバイル」をご紹介します!

※出展:MM総研国内MVNO市場規模の推移(2018年3月末)

 

楽天モバイル「スーパーホーダイ」にすべし

毎月の携帯料金は安くしたいが、毎日動画やSNSをたっぷり利用したい、通話時間も気にせずに使用したいと思うなら、7月1日から新しくなった楽天モバイルの「スーパーホーダイ」をおすすめします!

 

まずはスーパーホーダイの料金体系、サービス概要について表でまとめましたのでご確認ください。

 

※出展:楽天モバイル調べ

【ここがスゴイ! 1】長期契約なら月額料金が「1480円~」!

先述の表からわかる通り、楽天モバイルのスーパーホーダイプランSを3年契約すると「2年間ずっと1480円(月/税抜)」という破格の料金になります。月額1480円は業界でもトップクラスの価格になります。

 

↑スーパーホーダイのプラン概要。楽天ダイヤモンド会員なら、さらに1年間500円の割り引きとなり月額980円から!

 

【ここがスゴイ! 2】データが使い放題!

データ容量を使い切って速度制限がかかり、スマホが遅くて使えないという経験はありませんか? 使い切ると、通信速度を128〜300kbpsに制限されるのが一般的。しかし、スーパーホーダイの場合は、最大1Mbpsで通信できます(※12~13時、18~19時の混雑時を除く)。データ容量を使い切っても、YouTubeなど動画視聴が問題なくできるレベルで使い続けることができるのです。

 

【ここがスゴイ!3】業界最長クラスの10分かけ放題!

格安スマホだとなんとなく「自由に通話できないんじゃ…」という心配はありませんか?しかし、「スーパーホーダイ」は、通話サービスにおいても「10分かけ放題」をきちんとおさえています。10分以内の国内通話なら何度かけても無料で通話できます。

※「楽天でんわアプリ」を使用、もしくは「003768」を通話番号の先頭に付けて発信した場合。10分以降は30秒10円。楽天でんわ未使用時は30秒20円。

 

【ここがスゴイ!4】iPhoneなど多くの機種をラインナップ

楽天モバイルは、全30機種にも上る豊富なラインナップを揃えています(※2018年7月1日時点)。しかも、iPhone SE(海外販売モデル)の選択も可能。Android端末では最新のHUAWEI P20やP20 liteも購入ができます。

 

↑ずば抜けたカメラ性能が高評価の「HUAWEI P20/P20lite」など、数多くのAndroid端末を揃える。iPhoneに関してはiPhone SE(16/64GB)のみ海外販売モデルで、iPhone 6s Plus(64/128GB)はメーカー認定整備済となる

 

もちろん、現在使用中のキャリアスマホをそのまま使うこともできます。基本的にNTTドコモのスマホはそのまま使用可能。auやソフトバンクのスマホは、SIMロックを解除すれば使えます。対応機種は楽天モバイルのホームページで確認してみてください。

 

【ここがスゴイ!5】全国に250店舗以上ある楽天モバイルショップ

格安スマホ会社の中では珍しく、楽天モバイルは気軽に相談から契約までできる専門ショップが全国に250店舗以上あり、今もぞくぞくと拡大中です。楽天モバイルのホームページで、自宅近くの店舗情報が確認できます。

 

楽天モバイルまとめ

契約数No1の楽天モバイル。スーパーホーダイプランSは、「データ使い放題」「10分以内の国内通話かけ放題」で「2年間ずっと1480円」が特徴です。毎月の携帯料金は安くしたいが、毎日動画やSNSをたっぷり利用したい、通話時間も気にせずに使用したいと思うユーザーへ、スーパーホーダイをおすすめします。

 

 

※1:楽天モバイルは楽天会員割適用時の価格。Y!mobileは「ワンキュッパ割」適用時の価格。UQ mobileは「スマトク割/長期利用割引」「イチキュッパ割」適用時の価格。
※2:Y!mobileのデータ容量2倍(2年間)は新規・MNP(番号移行含む)・機種変更・契約変更時が対象(オプション加入必須)。UQ mobileは高速通信容量が最大25か月間2倍となります。
※3:通信が混み合う時間帯(12:00~13:00、18:00~19:00)は最大300kbps。通信速度はベストエフォート(規格上の最大速度)であり、実効速度は通信環境・混雑状況により変動します。
※4:当月内で余った高速通信容量は翌月利用分に繰り越し可能。ただし、繰り越しできるのは翌月まで。
※5:余った月間データ容量は翌月に繰り越し可能。繰り越し上限は「おしゃべりプランS」または「ぴったりプランS」の場合最大1GB、「おしゃべりプランM」または「ぴったりプランM」の場合最大3GB、「おしゃべりプランL」または「ぴったりプランL」の場合最大7GB。
※6:月額基本料100円の「データシェア」オプション。高速通信容量の前月繰越分を、翌月に契約者間でシェア可能。
※7:親回線がスマホプランSの場合、月額基本料980円で親回線の1GBを子回線でシェア可能。同様にスマホプランMの場合は月額基本料490円で3GB、スマホプランLの場合は月額基本料0円で7GBをシェア可能。
※8:スーパーホーダイの最低利用期間は開通月を1カ月目とし、12カ月、24カ月、36カ月から選択可能。選択した期間内に楽天モバイルを解約した場合、契約解除料9,800円が発生。
※9:契約期間中に解約した場合、契約解除料9,500円が発生。

 

●本記事における料金、サービス内容は全て2018年7月時点のものです

TAG
SHARE ON