デジタル
Apple
2018/10/31 21:30

こんなマシンが欲しかった×3! iPad Pro、MacBook Air、Mac miniタッチしてわかった「買うべき人」

こんなマシンが欲しかった--。そんな声が日本中、いや世界中から聞こえてきそう。10月30日(米国時間)にAppleが発表した新しい「iPad Pro」「MacBook Air」「Mac mini」。みなさんはどれが一番気になりますか? 現地のハンズオン会場で撮影した写真とともに、各製品の特徴をチェックしていきましょう。

 

iPad Proはベゼルレスになってよりスマートに

iPhoneに続き、今回発表された新しいiPad Proからもホームボタンがなくなりました。ベゼルは薄くなり、全面にディスプレイが広がります。指紋認証の代わりにFace IDが利用できるようになったことも大きな変化ですね。

 

↑11インチiPad Pro(左)と12インチiPad Pro(右)。サイズはそれぞれW178.5mm x H247.6mm x D5.9mmと、W214.9mm x H280.6mm x D5.9mm

 

↑同じく背面。カメラは1200万画素でF値1.8

 

本体デザインに注目すると、筐体がフラットな形状に変わり、厚みが従来よりも0.2mmほど薄くなりました。コネクタもLightningではなく、USB Type-Cを採用しています。

 

↑ディスプレイへの出力や、カメラなどとの接続、iPhoneへの充電など、USB Type-Cコネクタでできることは多い

 

Apple Pencilも2世代目にアップデートし、新しいiPad Proの側面にマグネットで張り付くようになりました。これで持ち運びも快適に。また、ペンを指でダブルタップすることで、消しゴムとペンなどを素早く切り替えられます。

 

↑この状態で充電も行われるようになった。固定した直後に電池残量がちらっと表示される。Apple Pencilは1万5660円

 

Smart Keyboardは、iPadの背面まで覆える「Smart Keyboard Folio」になりました。カバーの質感・キーの打鍵感ともによく、原稿執筆にも十分使えますよ。特に11インチモデルでは、キーボードの幅にゆとりが生まれたことで、筆者の手の場合、かなり入力しやすくなっていました。ちなみに、接続用の端子は端末の背面部に備わっています。

 

また、Face IDは横向きのまま使用できるので、Smart Keyboard Folioを装着したままでも認証を行えます。

 

↑「Smart Keyboard Folio」は11インチモデル用が2万1384円〜、12.9インチモデル用が2万4624円〜。角度は2段階で調整できる

 

チップセットには、最新のA12X Bionicを搭載。動画編集やARアプリもサクサク行えるパワフルな仕様になっています。ストレージは64GB/256GB/512GB/1TBを選択可能。価格は、最小構成の64GBの場合で12万744円です。

 

MacBook Airは便利機能が全部入り

MacBook Airも、従来モデルから大きく刷新。まず、13.3インチのRetinaディスプレイが搭載され、表示領域がかなり広がりました。見た目はMacbook Proの13インチモデルに近いですね。カラーバリエーションは3色あります。

 

↑左から「シルバー」「ゴールド」「スペースグレイ」。ゴールドはいわゆる金色ではなく上品な色味

 

キーボードには最新世代のバタフライ構造が採用されていて、打鍵感は良好でした。また、感圧タッチトラックパッドを搭載。トラックパッドの広さも、従来と比べて20%ほど広くなりました。

 

↑MacBook Airのディスプレイは、HDディスプレイの4倍の解像度に。色味も48%増したことで、微妙な色合いをより精細に表現できる。スピーカーも低音が2倍、音量25%増になり、ビューワーとしても使えるように

 

インターフェイスとしては、左側面にThunderbolt(USB Typs-C)ポートを2つ、右側面に3.5mmのヘッドフォンジャックを備えます。マイクも3つになっており、macOS Mojaveから使えるようになった「ボイスメモ」との相性も良いでしょう。

 

↑2つポートがあることで、外部ディスプレイへの出力と充電などを同時にこなせる

 

↑右側面には3.5mmヘッドフォンジャック

 

そして何と言っても、Touch IDが使えるのが嬉しい。これで起動時のロック解除やアプリ購入、ネットショッピングなどの承認でパスワードの入力が不要になります。Apple T2 Securityチップを搭載するので、セキュリティ機能が強化されるとともに、「Hey Siri」での操作も可能になりました。

 

↑「Touch Barは要らないけど、Touch IDは欲しい」と思っていた皆さん、お待たせしました

 

プロセッサには、第8世代のIntel Core i5(1.6GHz、デュアルコア、Turbo Boost仕様時最大3.6GHz、4MB L3キャッシュ)を搭載。メモリは8GBで、最大16GBのオプションを選択できます。ストレージは最小128GBのSSDですが、最大1.5TBのストレージまでをオプションで選べます。

 

↑ちなみに、MacBook Airの重さは1.25kg。既存の「MacBook」(0.92kg)よりもちょっとだけ重いです。「Air」というネーミングが少し紛らわしいかも

 

Mac miniも久しぶりのアップデート

久しく新モデルが出ていなかったMac Miniにも、待望の新モデルが登場しました。外見こそお伝えすることが少ないですが、中身はかなり進化していますよ。例えば、Xcodeのビルド時間を比較すると、2.2倍ほど高速になりました。

 

↑サイズはW19.7mm x H19.7mm x D3.6mm。「iPhone XS」と並べるとこんな感じ。カラーはスペースグレイに

 

↑Ethernet、Thunderbolt 3 x 4口、HDMI 2.0、USB 3 x 2口、3.5mmヘッドホンジャックなどが背面に備わっている

 

プロセッサは3.6GHzクアッドコアのIntel Core i3と、3.0GHz 6コアのIntel Core i5を選択可能。また、どちらもオプションで3.2GHz 6コアIntel Core i7に変更することもできます。

 

メモリは8GBが基本で、オプションで16GB、32GB、64GBも選択可能。ストレージはSSDで、128GB、256GB、512GB、1TB、2TBを選択できます。価格は最小構成で9万6984円〜です。

 

今回発表された新モデルは、どれも魅力的な製品ばかり。特にモバイルで利用するなら、11インチのiPad Proはかなりオススメです。また、新しいMacBook Airは、MacBook Pro 13インチモデルに惹かれつつも、その値段に手が出なかった人にすぐ買ってほしい。Mac miniも久しぶりのアップデートゆえに、買い替えはマストでしょうね。今年は財布の紐を緩めちゃいましょう。

TAG
SHARE ON