2016/11/8 10:01

これで冬の足元冷たい問題が解決! 寝具ブランド“ASLEEP”からぬくぬくマットレス&さらふわ枕が新登場

アイシン精機は、眠りの質を追求して生まれた寝具ブランド“ASLEEP”の新製品「足元ぬくぬくマットレス」と「ファインレボピロー I・FIT(アイフィット)」の2種を発表。全国の家具販売店等にて年内に発売される予定です。
20161107_y-koba_RR2 (1)

 

ヒーター機能内蔵の「足元ぬくぬくマットレス」

「足元ぬくぬくマットレス」は、マットレスの膝下からつま先部分に内蔵された電気式のヒーターで、温度は17~33℃に設定することができます。また、ヒーターが直接からだに触れずにクッションのファインレボを通して温めるため、寝汗をかきにくいのも特徴。ダブルサイズ以上は2ヒーター仕様になっており、一人ひとりの好みに合わせて左右それぞれで温度設定が可能です。価格はシングル15万8436円、セミダブル19万2348円、ダブル22万6260円です。

20161107_y-koba_RR2 (5)
↑足元ぬくぬくマットレス

 

20161107_y-koba_RR2 (6)
↑マットレスの断面図

 

立った姿勢に近い寝姿勢を実現した「ファインレボピロー I・FIT」

「ファインレボピロー I・FIT(アイフィット)」は、ファインレボの「ピロー」シリーズの新製品。睡眠環境プランナー・三橋美穂さんとの共同開発により、ピローの理想寸法やファインレボの配置、素材の肌触りなどが追求されています。従来よりもフィット感や寝返りのしやすさが向上したほか、立った姿勢に近い寝姿勢を実現する寸法設計になっているため首や肩に負担の少ない寝姿勢をとることができます。好みに応じて水洗いできる2種類のカバー、さらりカバータイプとふわりカバータイプが用意されており、価格はさらりカバータイプが1万9440円、ふんわりカバータイプが2万3760円です。

20161107_y-koba_RR2 (2)
↑さらりカバータイプ

 

20161107_y-koba_RR2 (4)
↑ふんわりカバータイプ
20161107_y-koba_RR2 (3)
↑すぐれた弾力性と柔軟性をもつファインレボを内蔵

 

寝床内を快適な温度に保ってくれるヒーター内蔵のマットレスや、理想の寝姿勢を実現する枕があれば、寒い季節でも質のよい眠りができそうですね。

TAG
SHARE ON