ライフスタイル
アウトドア
2019/3/21 19:30

その名も「焦げ付きにくい焼きそばシート」。ロゴスからアウトドア活動が必ずや捗る一品

ロゴスコーポレーションが展開するアウトドアブランドの「LOGOS」は、「焦げ付きにくい焼きそばシート」シリーズを4月より発売します。

 

 

本アイテムは、BBQグリルの焼網に巻き付けることで焼網が鉄板になる「焼きそばシート」シリーズに、メイプル柄の特殊加工を施した万能調理シート全2種類です。シートの表面にLOGOS独自の特殊ノンスティック加工を施すことで、加熱時の食材の焦げ付きを大幅に軽減しました。シートの厚さは0.04mmと、一般的なアルミホイルの約3.3倍の厚みでBBQの火力に適しており、とても丈夫で破れにくいのが特徴。

 

↑BBQグリルの焼網にセットすれば、焼網が鉄板に早変わり。

 

↑シート厚0.04mmの特殊ノンスティック加工を施した、焦げ付きにくい調理シート

 

使用方法は様々で、シート自体が鉄板の役割も果たすので、サイズを調節すればBBQと同時に鉄板料理できるほか、シートをお椀型に成形にすれば、炊飯や鍋料理も可能です。さらに、調理蓋として活用すれば、蒸し焼きにすることもできるので、調理時間の短縮ができます。

 

↑シートが鉄板代わりになるので、BBQと同時に鉄板料理も楽しめる

 

シートをお椀型に成型すれば、炊飯や鍋料理が可能。

 

グリルの焼網が幅45cmの場合、1本で約10回分使用できます。後片付けはシートを丸めて捨てるだけなので、焼網だけでなくトングや鉄板に巻いておけば、器具を汚すことなく簡単に後片付けができます。

 

↑グリルの焼網が幅45cmの場合、1本で約10回分の使用が可能。

 

↑あと片付けは丸めて捨てるだけ。

 

「焦げ付きにくい焼きそばシート・グリルぴったりワイド」は、シート幅が約45cmなので、大きいグリルでの調理にぴったりで、フチを立てて使用する際も、大きく使えます。豪快な鉄板料理やすき焼きなどの鍋料理におすすめです。

 

↑焦げ付きにくい焼きそばシート・グリルぴったりワイド

 

「焦げ付きにくい焼きそばシート」は、シート幅が約30cmなので、焼網の上にシートを敷くだけの簡単設置が可能で、BBQと鉄板料理を同時に行う調理におすすめです。

 

↑焦げ付きにくい焼きそばシート

 

焦げ付きが解消され、幅広い料理ができて後片付けもラクラクな万能調理シート「焦げ付きにくい焼きそばシート」シリーズ。キャンプやBBQなどのアウトドアライフでぜひともご活用ください。

TAG
SHARE ON