ライフスタイル
アウトドア
2019/4/19 21:30

GWはお手軽にアウトドアを楽しもう! UV対策に欠かせないタイプ別サンシェード5選

デイキャンプやハイキング、川遊びや海水浴、さらには公園でのピクニックなど、紫外線が気になる季節のアウトドアに欠かせないのがサンシェードだ。場所を選ばず、どこでも簡単に設置でき、コンパクトに収納できるので持ち運びも容易。GWに遠出の予定はなく、自宅に閉じこもっているくらいなら、お弁当とサンシェードを持って近場の公園に出掛けてピクニック気分を味わってみては。

 

これからの季節、昼間の紫外線対策はアウトドアの基本。そこで活躍するのがサンシェード。時間が限られているデイキャンプでは荷物置き場として、川遊びや海水浴では着替えもできるなど、さまざまな用途にも対応する。

 

サンシェードには大きく分けて、入り口部分に扉がなく開放的なオープンタイプと、ファスナーで扉を閉めることで中の様子が見えないクローズドタイプがある。用途に合わせてタイプを選べば、あとは組み立て方法から予算や好みに合ったタイプを選ぶことができる。

 

3種類の組み立て方法

 

ポップアップ式

多くのシェードが採用している簡単コンパクトなタイプ。付属の収納バッグから取り出すと、自動的に開き一瞬で完成。誰でも簡単に設置できる。バネ状のフレームで軽量なため、風に弱いのでペグや砂袋で安定させる必要がある。

 

ワンタッチ式

折りたたみ傘を広げるようにしてシェードを拡げる。その名の通りワンタッチで誰でも設置でき、ポップアップ式よりフレームが頑丈で安定感もあるが、構造が複雑なため価格が高くなる難点も。

 

組み立て式

宿泊用テントと変わらない、ポールを使って設営するため組み立てに多少の時間はかかる。しかし、コンパクトなので慣れればスムーズ。フレームがしっかりとシェードを支えるので、完成時の安定感は一番高い。

 

[01] (ワンタッチ式)

累計販売11万個を突破したコンパクトかつ高機能なワンタッチシェード

フィールドア(FIELDOOR

フルクローズサンシェードテント

実売価格3348円

160cmサイズのコンパクト設計で、ワンタッチで設置が可能。遮熱性・高耐水・高遮蔽率において高機能を実現しながらもリーズナブルである点が支持され、累計販売11万個を突破している人気のサンシェード。設置は付属のキャリーバッグから取り出すと一瞬で完了するワンタッチ式。後部のパネルも開閉可能で、メッシュタイプとして使用すれば通気性も抜群だ。

 

なた、コンパクトながら高機能な新素材、SUNSHIELD(サンシールド)を採用。UVカットは最高ランクのUFP評価50+を誇る。対水圧試験ではテントとして申し分ない1500mm以上をクリア、遮熱試験も日本国内で行うなど、機能性の高さも人気の要因となっている。

 

<注目ポイント>

  • バッグから取り出すと一瞬で広がるワンタッチ設置
  • 前後のパネルは開閉可能で、前面を閉じればフルクローズドに
  • 温度上昇を約5℃抑え、UPF50+と有害紫外線を最高レベルでカット

 

[02] (組み立て式)

設営・撤収がスムーズなハンギングタイプのフルメッシュシェード

テントファクトリー(tent factory

ホリデイユース フルメッシュサンシェード 180

実売価格4300円

180×180cmのコンパクトシェード。クロスポールにフックを掛けるだけのハンギングタイプで、設営・撤収がスムーズなうえ、軽量でコンパクトに収納できる。サイド4面のうち3面はキメが細かく虫が入りづらいノンシュームメッシュを全面に採用し、残る1面はクローズドの日除けシートに。

 

キャビンフレーム構造で風にも強く、シェードを固定するペグは4本付き。重量は約2.0kgと軽量で、直径110×高さ610mmのキャリーバッグに収めれば携帯も便利。使わない時も保管に場所を取らない。

 

<注目ポイント>

  • 虫が入りづらいノンシュームメッシュを3面に採用
  • フックをポールに掛けるだけで設営できるハンギングタイプ
  • 重量は約2.0kg。ショルダータイプのキャリーバッグ付

 

[03] (ポップアップ式)

ベースが決まると同時に設置が完了するポップアップシェード

ロゴス(logos

ROSY ポップアップサンシェード

実売価格5832円

直径約70×高さ5cm、重量はたった1.5kgの円盤型キャリーバッグから、本体を取り出して広げるだけで一瞬にして組み立て完了。ビーチやピクニックなどで、ベースが決まったと同時に設営できる。開口部は広いので、出入りも楽々。シェード内にはポケットが備え付けてあり、スマホやサングラス、日焼け止めなどを収納できる。

 

約1.5kgと軽量で、バネ状のフレーム形状から風には弱いが、そこは付属の砂袋を使えば問題なし。生地にはナイロンよりも気候に対する対候性が高いポリエステルタフタを採用。有害紫外線は90%カットし、高い断熱効果も発揮する。生地表面には雨や汚れをはじく撥水加工も施している。

 

<注目ポイント>

  • キャリーバッグから取り出し広げるだけで瞬間セットアップ
  • 前後の開口部が広く、出入りがしやすい構造
  • 高い断熱効果と有害紫外線は90%以上をカット!

 

[04] (組み立て式)

虫を寄せつけず、通気性も抜群のメッシュ素材を採用したプチ本格派

コールマン(coleman

スクリーンIGシェード

実売価格6680円

アウトドアの定番ブランド、コールマンの組み立て式サンシェード。簡単に設置できるポップアップ式ももちろん扱っているが、コールマン愛好家ならぜひこちらを。従来の宿泊用テント同様のクロスしたポールにシェードを吊り下げるクロスポール構造を採用。組み立てに多少時間はかかるが、自立後の安定感は抜群だ。

 

使用定員は3~4人が目安。メッシュ素材は、住友化学がコールマンのために独自開発したもので、虫をノックダウンする防虫効果と、従来のメッシュの約2.5倍の通気性を誇る。四方にある大扉はフルクローズはもちろん、フルメッシュ、フルオープンも可能。重量は約3kgで、約15(直径)×60cmの収納ケースにコンパクトに収まる。

 

<注目ポイント>

  • テント同様の風に強いクロスポール構造
  • 防虫効果のあるメッシュ素材の採用で虫知らず
  • 四方の大扉はフルオープン、フルクローズが可能

 

[05] (ワンタッチ式)

大人3人がくつろげるワイドな空間がワンタッチで完成

DOD

ワンタッチレジャーシェード T3-52

実売価格7840円

設営方法は、シェードの上部にある2本のロープを引っ張るだけのワンタッチ式。複雑な組み立てや、分解作業なども一切必要ない。できあがった空間は、大人3人がゆったりくつろげるワイドなスペース。奥3方向には大型のベンチレーターが設置されているので、通気性は抜群。突然の雨や、着替えをする際は、エントランスシートを閉じることで、雨や視線の侵入を防ぐことでき、オープンスペースから一瞬でシェルターに替わる。

 

紫外線対策のUVカット値は最高レベルの50+。撤収方法もコツさえ覚えれば、設置同様スピーディに行うことができる。最後は、上部のジョイント部を中心にシェードを丸めてまとめれば完了。長さ92cn×直径約15cmのキャリーバッグに収めれば、持ち運びも便利だ。重量は3.6kg。

 

<注目ポイント>

  • 上部のロープ2本を引っ張るだけのワンタッチ設置
  • 大人3人がゆったりくつろげるワイドスペース
  • 玄関シートを閉めれば雨風を防ぎ視線も遮るシェルターに

 

協力:楽天市場

TAG
SHARE ON